【学習】学びもルーチン化する

ラーニングパターンに出会う

Twitterのタイムラインを眺めていた時、かわいらしいアイコンにそぐわず?!なかなか興味深いタイトルのRTをよみ、リンク先を拝読しました。

出会って「なにこれちょうおもしろい!」と、思ったので記します。

「学習パターン」Learningpatterns 

学習パターン・プロジェクトの紹介

学習パターンは、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の「学習パターン・プロジェクト」によって作成されました。 このプロジェクトは、2008年春にカリキュラム委員会の呼びかけに集まった有志の学生メンバーで構成されています。http://learningpatterns.sfc.keio.ac.jp/project.html

この「学習パターンプロジェクト」は、学ぶときに直面する問題を分解し、解決へのみちしるべを与えてくれます。

偶然、わたしが目にしたRTはパターン#35でした。

No.35
「書き上げた」は道半ば
Writing up is Halfway
自分がわかるために書き下ろし、
他の人がわかるように書き直す。

ふだん自分が書いていたものは道半ばだ、と反省することしきり。書き物が生業である方にとっては当たり前かもしれませんが、そうでないわたしにとっては目からウロコでした。

このような「ちょっとしたヒント」(でもすごく深い)が40個も詰まったPDFが無料で配布されています!

この文章に出会って、他のナンバーもパラパラと読み進めるととても面白いことがわかりました。まだ全てを読みきっていないので楽しみにが残っています。ワクワク。

久しぶりにweb上のデータをプリントアウトしました。

面白さの中身

知りたいことがすぐわかる、読んですぐ使えることです。
コンテキスト(状況)が記されていて、今困っていることにすぐ対応できます。5種類の状況別の索引が用意されており、自分が【何に困っているか】という問いにも対応できます。

5種類の状況

  1. AT BEGINNING
  2. FOR GOAL SETTING
  3. IN ACTIVITY
  4. FOR OUTPUT
  5. AT DEAD END

関連リンクhttp://learningpatterns.sfc.keio.ac.jp/find.html

わかりやすい

「学習パターン」の記述そのものがパターン化されており、一定のルールにしたがって内容が記されています。いくつかパラパラと読むとそのテンプレートに慣れます。慣れることで負荷が軽減されてます。抵抗がなくなり、どんどん読み進めたくなります。
関連リンク http://learningpatterns.sfc.keio.ac.jp/howto.html

繋がっていくおもしろさ

40あるパターンはひとつづつ独立した記述になっていますが、連携しています。1パターンのなかに「「関連パターン」(Related Patterns)が紹介されています。関連付けて読み進めることでさらにまたヒントを得ることができます。ヒントを繋げていくことで考えがより深まって行ったり、最初の読んだパターンのヒントを得ることになったり再度考えなおしたり考えが縦横無尽に広がります。

さいごに

なんでこんなに面白いと感じるのか不思議です。パターン化されている体裁がすごく自分に合っていて、すぅっ、と入ってくるのです。なにか思うところがあった時、きっとこのページをパラパラとめくるでしょう。プリントアウトはすぐ手の届くところにおいてあります。スキマ時間にちょっと読んでもいいし、紙とペンを用意してガッツリ読みこむこともあるでしょう。

RTしてくれた方、ありがとうございました!
(ほんとに偶然でどなたかわからないのです・・・><;)

#1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク