165:日刊おかあちゃん  抗えない身体のもつ力

意思が効かない

フライングドヤ」のねざさんのエントリ「男子にも知って欲しいPMSのこと」にインスパイアされて書いております。

症状については、ねざさんがバッチリ書いてらっしゃるので、わたしは対処法を書きます。

最初は内科でオーケー

男性から女性へ、いきなり「PMSじゃない?」とは言いずらくないですか?(^^;;

なので、ジェントルマンふうに⁈
「最近がんばりすぎてない?ちょっと病院でみてもらったら?体調悪くない?」と、受診を勧めてみるのはいかがでしょう?

わたしの場合、常にだるい、疲れがとれない、偏頭痛、肩こり、ボーッとする、など身体症状もありました。
そこで、かかりつけの内科へ行きました。
こんなに体調が悪いのに風邪の諸症状はないし、「不定愁訴」じゃないかな?と疑っていました。
そこで、お医者さんに相談すると「その不調って生理前後にならない?」といわれてなるほど~、と思ったことをおぼえています。

頂いた薬は漢方薬。「当帰芍薬散」でした。
その後は「イライラ」に焦点をあてた「加味しょうよう散」もしばらく服用しました。

女性特有の症状に、市販薬もあります。
…が、病院のほうが保険もききますし、PMSだとおもってたけど子宮筋腫だったとか、貧血だった…のように潜んだ病気が見つかるかもしれないのでまず病院へ「相談」に行くことをオススメします。必要があれば婦人科を紹介してくださるとおもいます。

読んで下さってる方が女性で、おもいあたるふしのある方は、婦人科の門を叩くほうが早いかもしれません。

以上は、わたしの経験談です。
つらいつらい、と思っていても治らないので(病院へ行っても軽減するけど生理がある以上、完治もしませんし…(^^;;)

参考になれば幸いです(^ ^)

#2

スポンサーリンク