166 日刊おかあちゃん 「たまもりタウン」へいってみた

ナムコの期間限定ショップ「たまごっち!たまもりタウン」へいってきました。
公式サイト
たまごっち たまもりタウン

以前、道すがらたまたま来たこの相模原イオンで「たまもりタウン」を発見した長男。その日にすぐ入場したい!といいましたが我慢させたことがありました。

入場料1歳から!(◎_◎;)こども800円、おとな200円。入っても有料アトラクションつけないと(ひとつ500円)楽しめないだろうなあ、というコンテンツ。
ふらっと立ち寄ったから入ろうか?という雰囲気にはなれませんでした。
(実際、きょうは長男2000円コースでしたorzまあ、覚悟はしてましたが。)

なので、その時のリベンジ⁈なのでした。

Posted from するぷろ for iPhone.


↑テーブルもたまごっち

なかは、かわいいドレスのおきがえがたくさん!おままごとセットがあって、タマカフエやたまごっちスクールの大きなイラストがあったり、TAMAX-TVのテレビ塔があったり、たまごっちの世界にひたれます。あとは子供の得意な脳内補完(想像力)があれば、気分はじぶんもたまごっち!

…が!実際入ってみると、思いのほかちいさい…せまい?そして「たまもり」がメインなので女の子ばっかりw

スタンプラリーやったけど、ら、ラリー??
あっちとこっちそっちに置いてあるだけじゃん?と、書けばそのちいさい感が伝わるでしょうか(^^;;

女の子の場合はこのスケールでも楽しめるのかもしれません。おとなの尺&男子だとちょっとものたりない…

次男はまだ3歳なったばっかり。オトコもオンナもまだない感じでドレス着る!っていいましたが止めましたw

入場、言い出しっぺの長男はじぶんの思っていたモノとちがったようで最初は微妙な表情。やっぱりカラダ動かす遊具へ。

↑くちぱっちのふわふわ

その後、スタンプラリーを速攻終わらせたあとはもらったステッカーでトートバッグをたまもり。
長男、大の工作好きなのでたまもりはその延長線上みたいにおもっているっぽい。
もう少し大きくなったら女の子の遊び、ってなるだろうなあ(^^;;

他のコンテンツ。
途中でまめっちが来ます。モニタのまえに集合して画面の中にw( ;´Д`)

で、また30分後くらいに集合がかかり、こんどはちゃんと?着ぐるみらぶりっちが来ました!
ポンポンもって、ラブりんとみんなでたまごっちのダンスを踊るのですが、次男はウッキウキで踊るのに対し、長男は斜に構え「おれはいい」と輪に入りませんでした。
ところが、自宅へ戻ると振りをちゃんと覚えていて次男と踊っていました。
…なんだ、つまんなかったのかと心配してたけど「照れ」が入っていたのねー( ´ ▽ ` )

そんなこんなで50分のたまごっち体験は終了。

全体的に大人目線では微妙感満載でしたが、こどもたちは我慢したあとに入ってるので満足っぽくてよかったです。

#3

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク