【住002】わが家のリビング収納

テレビ台とおもちゃ棚だけ

出来る範囲のすっきりを維持

残念ながら見目麗しいリビングではありませんが、「ウチらしいかぞくのへや」だから、いいや!と、思っています。
まだまだ子どもがちいさいので、安全優先、スペース確保優先です。

わが家のリビングはパブリックスペース。
くつろぐ場所ではあるけれど、おともだちが遊びに来るとみんなでここですごします。

遊んだりおやつたべたり、ときにはごはんパーティしたり。
たった8畳ですがとなりの6畳の和室とつなげて、なんとかしのいでいます。

基本、リビングに個人のものは収納しません。
持ってきたら持って帰ります。
夫のものは4畳半の書斎に。
ワタシ、長男、次男の持ち物は玄関入ってすぐの6畳間にほとんどを収めています。

↓おもちゃと絵本、文房具はみんなで使うことが多いので居間に置いてあります。

おもちゃ棚の内部公開。
子どもが自分でしまえることを念頭に配置してあります。
整頓までは、まだ要求できる年齢ではないので

「決まった場所に戻す癖をつける」

という段階です。

おともだちが遊びに来た時の豪快な状態がこちら!

足の踏み場もない。

それでもモノ定位置がきまっていれば、短時間で片付きます。おもちゃの量そのものが、棚に入る量をこえていないから散乱することもありません。モデルルームのようなパーフェクトな部屋ではありませんが、ほどほどにすっきりしている状態が無理なく維持できます。

編集後記:
・・・とかいって、スケッチブックが落ちてますけどねw おもちゃ棚の文房具コーナーに戻さないといけませんね。
写真にちょいちょい、洗濯物が写り込んでいましてすみません(汗)
外装工事中で外に干せなかったり、干しても外壁の覆いのせいで風が通らず、乾きが悪くて困っています。この時期くらいしか気持ちよく洗濯できないのに、工事はまだまだ続くそうです・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク