【衣004】洗濯ネットと分別とわたし

実際のところをご紹介

前回「【衣003】分別、分別、また分別」を書きました。

洗濯を効率よくする方法や、なぜ自分が洗濯嫌いなのかの考察。・・・っていうか単にめんどくさがりなだけというのはこの際省略。

分別について参考にした洗濯王子の本を購入。

幸せを呼ぶスマート洗濯 (一般書)

洗濯で人生が変わるといいなあ、しあわせになれたらいいなあ(遠い目)

実際の我が家はというと。

狭いので縦置き分別にしてみた

ランドリー

前回も紹介しましたが百聞は一見に如かず。こんなかんじです。

IKEAの吊り下げ型クローゼット収納「オーガナイザー」が左手にあります。これは設置直後なのでからっぽですが、実際は一番上がオット、つぎがわたし、長男、次男と、脱衣が放り込まれます。余った場所は学校や幼稚園などの専用モノが入ります。特定の場所で使うものはそのコンテキストで分けた方が使うときに探し出しやすいので。

タオルやシーツなどの大物は写真以外に脱衣かごがあります。こんな小さなラックに入りきるかしら?と、心配しましたが意外と入ります。最初は突っ張り棒が脱衣の重さに耐えきれず抜けて崩れ落ちるというアクシデントもありましたが(・・・たいへんだった・・・)いまは大丈夫になりました。突っ張りのはめ込みが甘かったみたい。普通の洋服なら平気でも汗をすった洋服はかなりの重さのようです。

↓↓100均一で買った洗濯ネットたち

サイズは30×30。これらは家族の枚数分そろえました。無地のはオットのワイシャツ用でちゃんとファスナーに「ワイシャツ」と印字されています。

洗濯ネットを物色したときに、大型スーパーの洗濯用具コーナーにいくと1枚600円!!でした。高いのか安いのかわからないので、まずはお試しのため○イソーで。もしこれで数回の使用で壊れたらお高くてもメーカ品にしようと考えてましたが今のところ故障もなく使っています。

↓↓こちらは倍の大きさ。オットの普段着やアンダーウェアやパジャマ用。人一倍着替えが多い人なので、子供たちのより大きいサイズを購入。でも値段はかわらず100円。どんなマジックなんだろう・・・

編集後記:

この記事は前回いっしょに写真を掲載するつもりがパソコントラブルで写真を取り込めなかったため今回掲載の運びになりました。旧MBAを購入したとたんに7年をともにしたDELLちゃんが逝ってしまったのです。すでにDELLちゃんではiTunesが動かなかったり、iPhoneとつなげても写真取り込みすると落ちるとかでなかなか撮った写真をブログにあげられないままでした。やっと掲載できてよかった!

・・・ところでこの分別。長男は「シュート!」と、いって洗濯物を投げ、一番上に入れるつもりが洗濯機の裏へ入り込んでしまい、わたしにコッテリ怒られたのでした。(フロアモップの柄でかきだしました。)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク