ヴィシー・チェックpetite

傘を持たずに登校した長男。
いまは土砂降り。

彼の傘を持って学校へ行き、顔は出さずにげた箱に置いてきた。

自分が小学生のころ、母は働いていてこうして傘を届けてくれるとか、忘れものを持ってきてくれるとか、集団下校に迎えにくるとかはものすごく憧れていた。
来て欲しいと言えなかった。

風邪を引いて学校を休む。妹の時、母は仕事を休むけど私の時は食事の支度だけして出勤していた。行かないでといえなかった。

だから自分の子供に傘を持って行ってる、というのではない。傘を持って来て欲しかった、むかしの私に届けにいってるのだ。して欲しかったことの埋め合わせをじぶんで。言えなかった淋しさをじぶんで。

いまの、私の子どもは傘を届けてもらうのも忘れものを届けてもらうことも、それに満足を感じることなくあたりまえなのだから。

Posted from するぷろ for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク