ヴィシー・チェック#10

宵っ張りの朝寝坊。いや、実際は寝坊はしていない。ふつうに7時くらい。いままで早くに起きてたのですごく遅く感じる。

去年もそうなんだけど、夜明けが遅くなると早起きが難しくなる。前は根性で起きてたけど、今は無理をしなくなった。4時起きは確かに素晴らしいし、それができるに越したことはないけど、じぶんが「無理してる」と、感じたらやらない。がんばって、がんばって、「4時起きして◯◯に取り組む!!」というのを不自然に感じたから。順番が逆。取り組みたい◯◯があれば、わたしはちゃんと起きられるから。…なので、いまはのんびりしています。のんび…り…家事を…して…いま…す。(ほんとの意味でのんびりしたい、の意)


オムライス

パートを昼から午後の時間にしていたら、夜がやって来るのが早くなり驚く。家に戻ってちょっと休憩したら日が暮れてしまう。子どもたちの暮らしのリズムによろしくない。外遊びの時間が取れない。おもいきって早シフトにした。3週間だけ。この時期の2時終わりと3時終わりはずいぶん差を感じる。夏はそんなことなかったのに。こんなふうにiPhoneという文明の利器をつかってブログを書いているのに、天体の運行にこれだけ左右されている。お勤めの人は、オフィスにとじこもってると感じにくいかもしれない。子供達との暮らしは、かなりの部分をお日さまに影響を受ける。遠足や運動会しかり。夜明け、日暮れしかり。寒くなればとたんに睡眠時間も増える。だから早めに寝かさないと朝も起きられない。

ファミリーマネジメントジャーナルで蓮花さんの記事をみてから、人は何かを成すために生きてるのではなくて、そもそも「生きるために」何をたべ、何を飲み、何を着る、何をするか?ということなんだよな、とやっと腑に落ちる。(いつもどおり気づくのが遅い)

蓮花さんの記事はこちら

最近はこんなことを考えながら来年について考えを巡らせている。

Posted from するぷろ for iPhone.

スポンサーリンク

フォローする

こんな記事もあります
スポンサーリンク