ちいさな成長あれこれ

この一年を振り返る(2012年4月〜2013年3月)

JJ's Beautiful Mess free creative commons

子どもたちの暮らしの1年間を振り返ってみました。
長男は初めての小学校生活、次男は初めての幼稚園生活。ダブル新生活のスタートが去年の4月でした。

慣れない暮らしに親子共々右往左往したことがブログのあちこちから見て取れます。

160:日刊おかあちゃん ギャン泣きはこどもからのメッセージだったのかな?

[3歳からのGTD]その後・・・長男6歳、小学生になりました

【3歳からのGTD】6歳、タスクリスト作成に挑戦

こどもの鉛筆かじり事件とお知恵拝借と。

・・・長男の話題の方が多いのは、ワタシにとってすべて初めての経験だからかな?と、思います。
次男にとって初めての経験であるのに、ワタシにとっては長男に引き続き「2回目」と、思ってしまった失敗談もブログに書いています。
これを忘れないように、来年の幼稚園生活を送ろうと考えています。

初小学校生活はとにかくトライアンドエラーの連続でした。まず私服通学の支度(幼稚園は制服だったので)。
着るものを自分で揃えられるようにする、からスタートでした。今でこそ「着替えて。」といえば、着替えが出来ます。当たり前のように思うかもしれません。

こどもの最初は「たんすの、この引き出しに、この服がある」からのスタートです。

当初はたんすを曜日別に区切り、シャツ、トレーナー、ズボン、靴下、ハンカチで1セットとし、5日分並べたこともありました。
これで、ルーティーンを身につけることが出来たと考えています。

いまは、上着、ズボン、靴下と服ごとに引き出しを分けており、自分の「好み」で服を選ぶことまでするようになりました。

ふだんは出来ないことばかりを数えてしまうまいにちですが、こうして振り返ってみるとちゃんと出来ていることが増えているんだなあと、実感します。
次男なんて、入園当初はオムツで行かせていたのに、いまではちゃんとパンツはいてトイレで用を足している!それがいまは当たりまえにおもえている。

親って欲張りなんだなあ、と、書いていてひとりで苦笑いしてしまいました。

編集後記:
ぜんぜん振り返りきれていないのですが(汗)

思い返していたら、結構な時間になってしまい時間切れで記事投稿してしまいました。明日になっちゃう(汗)
子どもの一年って、おとなの1年とぜんぜん違います。5倍くらいありそう。もっと?いまおもうと、子どもの頃って一日が長かったですよね?
そういうのを追体験しています。放課後の1時間って、凄く長い。一緒に遊ぶと密度が濃いです。きのう久しぶりにいっしょに公園に行ったら知らない子に話しかけて遊びだしたのには驚きました。社会性、ついてるじゃない!
・・・翻って次男はTwitterでもちょっとつぶやいたのですが・・・滑り台を逆走してくる小学生、たぶん4年生くらい3人に喰ってかかる‼「おい、おまえら、どけ」…あなたまだ三歳…_| ̄|○

兄弟でもぜんぜん違うのがまた面白い?!ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク