ひとつの場所に集める【GTDと暮らし】

Juliet

モノの定位置を決める「前」の、場所
インボックス

片づけ業界(?!)では「モノの定位置を決めましょう」と、よく言われます。しかし、その前段階の説明がほとんどありません。定位置の「決め方」の解説はあっても、「定位置の決まる前の場所」の説明がないのです。

GTDでは、まず「考え」も「モノ」も、気になることがらは1カ所にまとめるところからはじまります。その「受け皿」が「インボックス」です。

「モノ」の片づけをするときも、これを使ってみました。

  • 気になるモノを1カ所にまとめる。
  • 気になってないモノはそのままでいい。

まとめた後はひとつづつ取り出して、どこに収めるか?処分するか?リサイクルするか?と選別していきます。

片づけのできない人間は「混沌」が普通です。(私です。)
ボールペンは何本も部屋のあちこちにあるし、読みかけの本は鞄の中にもテーブルにも台所にも(!)あります。玄関に置きっぱなしの鞄があったり、イスにかけたままのエコバッグがあったりします。

「ちょっと置いておくだけだから・・・」がいつの間にかあふれているのです。

GTDを知る前は、どこから手をつければいいのかわかりませんでした。
そこらにあるものを拾い上げては、別の混沌を作り出しているだけでした。

いったん、「気になるモノ」をひとつの場所に集めるだけでスッキリします。
それでまだ解決しているわけではないのですが、混沌よりずっといいです。

編集後記:
前の記事どおり、残念なGTDに陥ることの多い私ですが「片づけの方法」としてのGTDはよく機能しています。片づけをするときには、

洗濯かご(インボックス)

・・・を用意してモノを放り込みます。その後に、モノの指定席へ移動します。時間がないときは洗濯かごへ入れっぱなしにしておき、スキマ時間に仕分けます。たまに洗濯ものを干すときに困ることが難点です。
GTDの原本では、訳書の「物」は「Stuff」という単語で現されているそうです。(参照:実践!GTD~一歩先の仕事管理  )
「モノ」も「考え」もこの単語を当てはめるとなるほど!と、思いました。

スポンサーリンク