やっぱり発熱時にあってよかったもの3つ

↑タラコ〜♪ターラコー♪と、某メーカーのCMソング大好きな次男坊、おととしの冬のいちまい。

次男、ひさしぶりの発熱の「日曜日」
概ね、病院はお休み。
救急へ連れて行って半日かけるほどでもなく。(40度未満、呼吸もはあはあしていない、飲みものは飲める、おしっこもでている。※わたしの判断であり、すべてにあてはまるものではありません。)

家で様子をみることにしました。
あってよかった!のは以下の3つ。

1:経口補給水 OS-1


液状タイプ

ゼリータイプ

2:小児用バファリン


3:アルミパウチのゼリー飲料 Qooとか、イナズマイレブンとか子の好きそうなキャラいりだとなおグッド。ウィダーとかでも。


1は、調剤薬局によくおいてあります。ドラッグストアにも最近は見かけます。ペットボトルと、ゼリータイプもあります。

もどしちゃったり、下痢の風邪の場合は常温で、小量頻回がいいそうです。わが家は今回熱のみだったので冷蔵庫に入れっぱなしだった冷たい状態で与えました。とにかく脱水させないように1口でもいいので30分おきとか。

2は、ふだん買い置きで念のため入れています。小児科で出されることの多いアセトアミノフェンの解熱剤です。
チュアブル、オレンジ味なのでラムネみたいに食べられます。粒もちいさく飲みやすい。シロップだと開封後の消費期限が気になりますが粒剤なので安心です。
すぐに病院へ行くことのできる時間なら使わないのですが、子どもの発熱はだいたい病院閉まってるときに起こるのが「子持ちあるある!」
盆暮れ正月、ゴールデンウィークに日曜日、はたまた平日深夜!そんな場合用に1つあると安心です。

3は、ふだんのおやつにプラス1して冷蔵庫へ。解熱剤が効いて、少し起き上がれるタイミングで与えました。ふだん、Qooのゼリーはあんまり買わないので(高いから!)無理に与えるでなく「のみたい」といいました。

カップ入りのゼリーにしないのはアルミパウチなら一度開けても再度キャップができるからです。これがカップだとラップかけたりまたあけたり、はたまた冷蔵庫で倒すとかいろいろ面倒で。

いまは熱がありつつも眠っています。
明日には下がってるといいなあ。

あ、商品リンクは明日はります(^^;;

貼りました!

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク