#2 だいたいこれくらい〜とりそぼろ丼〜

そぼろは多めに作っておくと便利。
卵焼きの具にしたり、チャーハンに加えたり、麺と和えたり。

そぼろ丼は、ふだん片栗粉のあんでとろみをつけるのだけれど、こないだ片栗粉を使い切ってしまいまだ買い足してなかったので、ナスのとろみで食べることにした。

そぼろ材料
鶏ひき肉
おろししょうが(チューブいり)
めんつゆ

丼材料
ナス
サラダ油

炊いたごはん
葱(お好みで)

そぼろ▷
めんつゆを濃いめに薄めて鍋で煮たてる。
ひき肉ををいれて、ひたひたになる分量を予想しながら配分。

次に、好みの量のしょうがを加える。風味づけなのでそんなにたくさんでなくてよい。生のすりおろしを入れるときはしぼり汁のほうが食感に影響がでないのと、辛味が抑えられる。

ひき肉を加えて煎り煮する。水分が鍋底に残る程度で煎りおえる。少し汁を残すのは、丼用のナスに使う。

丼▷
油をひいたフライパンで輪切りにしたナスを蒸し煮する。油だけで火を通そうとすると油が大量に必要になるので水を加える。
油なしで水だけで蒸すのもコクがでないからいいとこ取りで。

蓋をして蒸す。

7割くらい火がとおったところでそぼろの煮汁を加える。ナスに鶏ひき肉のだしとめんつゆ味をがついておいしい。
煮汁がなくなるまで火をいれる。

丼にごはんをよそい、ナスを敷き詰める。その上にそぼろをのせる。
好みで分葱の小口切りを散らすと彩りもよい。

おしまい。

追記▷思いつきアレンジ
たぶん、ラー油とオイスターソースかけたら麻婆ナス丼みたいになって美味しいかも。まだ試してはいない。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク