兄弟ってこんなだっけ? #ヴィシーチェック 16

写真は夏の思いで。マンモスユカ。

今日は園児代休、小学生は学校。
いつもなら園児を連れてのスペシャルデイなのだけれど、あいにくの台風接近。
(スペシャルデイについてはこちらをごらんください▷http://fmj-jp.info/?p=6173)

遠出はせず、近所でランチ散歩にでかけることにしました。
ところが、支度ができたと思ったら次郎(仮名)が言うのです。

「まだ、にに(兄の意)ないよ。どうするの?」
「え?にには学校で給食だよ?ごはんは次郎(仮名)とママとふたりだよ?」
「にに、給食ひとりになっちゃうよ?」
「あー!えーと、給食は、学校でね。おともだちみんなといっしょにいただきますしてたべるからににはひとりじゃないよ。おともだち、いるから。だいじょうぶ!」

こう、説明すると納得がいったようでふたりであるいてお店に行き、ごはん食べました。

生まれた時からそばに人がいてくれて当たりまえの環境でそだつ、下の子。自分がひとりぼっちだととてもさみしく感じるのでしょうか。すごく兄を心配し、本気で帰りを待つ態勢でした(笑)
…いや、笑っちゃいけないんだけど。

自分は長子、長女だったので下の子の気持ちがイマイチ掴みにくいこともあるのですが、人として基本的なやさしさ、おもいやりのようなものは、かすかだけどちゃんと芽吹いていることにほっとした母でした。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク