本当は傷つきやすい愚痴

愚痴をいうのをやめたい、と、語るのも愚痴っぽいのですが矛盾を含みつつ続けます。

愚痴をいうのは自分の正当化なのか?
相手が悪くてわたしは正しい。それを第三者に主張し、頷かせる。対象者ではなく。

愚痴は吐いた一瞬の快楽は凄まじい。
アドレナリン上昇。

ただ、問題はそのあと気持ち良くないしというか、むしろ気持ち悪くなる。自分に対して。
…とは、いうものの全くもって感情にふたをすると行き場が無くて澱がたまるのもたしかで。

ああ、なにごとも程よく進めばいいのに。
という、やっぱり愚痴でした。
やめれてないじゃんˉ̞̭ ( ›◡ु‹ ) ˄̻ ̊

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク