2013年まとめ:それでも僕は暮らし、掃除・洗濯・家事・育児を選ぶ

slooProImg_20130511011008.jpg

2013年をふりかえる

毎年の引用なので「ああやっぱりね」といわれても参考にするブログはこちらです。

参考 R-style ほぼ日手帳で今年の目標を振り返り、来年につなげる。

ワタシの去年のふりかえりから、今年にかけての目標はこんなふうに記してありました。

2013年は、いまあるものを育てる年にしたいと考えています。

  1. 片付け講座オリジナルコンテンツの作成
  2. ファミリーマネジメントジャーナルの継続と発展
  3. 手を付けては頓挫してしまう英語学習と体調管理

そして、これ以上やることを増やさないこと。増やすときはなにかをやめること。 家事育児に加え、子供に関わる役員活動、パートタイムでの勤務に加えてのライフワークなのでムリをしないことが至上命題になりそうです。 来年は30代最後の年なので、次のステップに向けてこつこつといままでやってきたことに肥料と水と陽の光をそそぎたいと考えています。

参考 http://kurasistant.com/archives/2202lifelog

ふりかえり

(1)「片づけ講座オリジナルコンテンツの作成」について

家事セラピストという資格を持っています。
・・・ですが、家事セラピスト共用のコンテンツではなく、ワタシ自身の、「くらしすたんと」のコンテンツを作成することが目標でした。
年末のギリギリになってやっと考えがまとまり、いま手がけています。通年は産みの苦しみというか、頭の中にネタはあるのに文章にも行動にも移せず悶々とする日々でした。

(2)「ファミリーマネジメントジャーナルの継続と発展」について

ワタシが代表をつとめているグループブログ「ファミリーマネジメントジャーナル」があります。
無事1年が過ぎました。来年9月で2年になります。継続についてはクリアができました。一時期自分がものすごくつらくなり、執筆陣に相談させてもらい1ヶ月くらい運営から離れたこともありました。この時ほど「自分ひとりじゃないんだ」と、心強く思ったことはありません。皆に助けられ、続けることができました。ありがたいことです。
首都圏メンバーだけですがオフラインでのミーティングも行い、よりいっそう距離も近づいた感がありました。

また、創立メンバーのお休み、新メンバーの加入と顔ぶれもかわりました。記事のバラエティが増え、発展につながるものと考えています。

執筆陣が出版したり、新しいブログメディアへ進出したりとうれしいことも続きました。執筆依頼募集中のメンバーもいるのでよろしくお願いします。

とし
アシタノレシピ

(3)「英語学習」と「体調管理」ついて

「英語学習」は、相変わらずやったりやらなかったりで「小さな継続」が出来ませんでした。他にやりたいことがありすぎるのでこれはちょっと脇に置く方がいいのかなあ・・・と、考えています。

「体調管理」は、かなり改善することが出来ました!「ファミリーマネジメントジャーナル」執筆陣のひとり「蓮花」さんの提案する養生法を生活に取り入れたことです。

養生らいふHack
参考 http://youjyou-lifehack.blogspot.jp

小さなくふうを繰り返すことで、しつこい偏頭痛が軽減したり寝付き、寝起きが良くなりました。いつも抱えていたイライラ感が減り、子ども達にゆったり構えることが出来るようになりました。(当社比べ)

そして、一番かわったことは「いつでもげんきいっぱい!」というのを目指さなくていいこと。
いいときも、わるいときもあっていい。
それを認めて自分をケアをすればよい、ということでした。

2014年はどこへいく?

  1. オリジナルコンテンツの片づけ教室「くらしすたんとサロン」を開催予定です。第一回は年明け1月下旬〜2月上旬に予定しています。
  2. KDPではじめる セルフパブリッシング」を参考に、「くらしすたんとサロン」のテキストブックをKDPで出したいと考えています。
  3. 年次レビューでピックアップした「走り書きや写真の1枚でもいいから手帳でもブログでも書き留めておく」を行動に追加します。

この3つに注力し、継続しているものごと(「ファミリーマネジメントジャーナル」「養生」)はこのまま続けます。

来年も「くらしすたんと」「ファミリーマネジメントジャーナル」をよろしくお願いいたします。

編集後記

今年もお世話になりました。

誕生日を迎えると、とうとう不惑です。
ひと昔前なら子育ても一段落している年齢かもしれませんが、30歳過ぎてから2児をもうけたわたしは、まだまだ現役子育て世代です。
家事育児に加え、子供に関わる役員活動、パートタイムでの勤務に加えてのライフワークなのでムリをしないことが2013年に引き続いてのテーマになりそうです。いつもバタバタしている毎日に思いますが、バタバタと忙しく出来ることが「暮らし」そのものであり、しあわせなことだなあ、と感じます。

大好きな「北欧、暮らしの道具店」のインタビュー集を読み返していたらすてきな言葉がありました。

 でも、いくら同じ鍋を買っても、
私は“あの人”にはなれない。
私は私にしかなれない……。
ってことにやっと気づいたのはごく最近のことです。

参考 ▷ フィットする暮らしの作り方vol.4

「私は私にしかなれない。」
そのことを肝に銘じながら来年を迎え、過ごしたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク