割り箸が想像以上に凄い!

Waiting for Ramen

Creative Commons License photo credit: Mr Wabu

割り箸がすごかった。その1:

某たれメーカーのコマーシャルでつるの剛士さんがCMしていた浅漬け。きゅうりに割り箸を刺し、つけダレにいれ「スティックきゅうり浅漬け。子どももたべられる!大好き!」というもの。早速我が家も真似をしました。特売きゅうり5本を半分に折り、少し皮を剥きストライプ模様にしました。そこに、塩を振って板ずりしたきゅうりに割り箸を刺し、少ししんなりさせてから頂きました。(つるのさんごめんね。浅漬けの素はちょっと甘くて好みじゃないんだよ・・・)

子どもに出しました。見た目が面白いのか、文句言わずにポリポリとかじってるではありませんか!おかずとして食卓にだすと、jきゅうりなんて見向きもしないのに、かなり食いつきがよく、おかわりまで要求されました。グッジョブ、割り箸!

割り箸がすごかった。その2:

毎日暑くて「アイス!シェイク!」と、うるさい四歳児。しかし、お金もカロリーもかかってあまりよろしくありません。

そこで、バナナに割り箸を刺して冷凍しておきました。コレ、私が幼少の頃母が作ってくれたものなのです。元祖ライフハック。桃やメロンでもイケます。スイカとか(これらは割り箸じゃなくて竹串推奨)ちょっと砂糖かハチミツ、練乳を垂らしておくと甘みがまして美味しいです。。熟しているものが美味しくできるので、見切り品の棚にあるフルーツで十分です。

・・・夏休みに向けて、子ども仕様の日々が始まる前に計画と情報収集に忙しい母でした。

スポンサーリンク