ジャンルの超越が大雪の備えを進化させる

snow

いつもと違うからこそ

横浜の外れに住まいのあるわが家は、ニュースで言われる横浜の積雪量をゆうに超えていました。

アップダウンが多い地域の凹んだ部分にあたるので風が吹き込んでくるのです。雪がクルクル回っていました。普段はベランダになんて寄り付かない用心深いスズメたちが、暴風雪をさけるため、わが家の物干し竿で風よけしていました。せめてもとおもい、節分で残っていた豆を細かく砕いてベランダのふちに撒いておきました。窓のそばまではさすがに近寄っては来なかったので。

スズメ達でさえ普段は近づかない場所に来る天候。人間はいつも通りに・・・と思っても難しいなあ。

そんなことを考えました。

Be Prepared

昨日のブログ記事にも書きましたが緊急時はどうしてもいっぺんに人が押し寄せます。そんなときに自分が「押し寄せるなかのひとり」にならない方法をとりたい。さて、どうしよう。

「備え」で検索したらこれは!というものに出会えました。
ボーイスカウトのモットーでした。

「そなえよつねに」〈Be Prepared〉
スカウトはいつも心にも体にも、技にもすきのないよう、どんなことにでも応じることができる心構えをもって「さあこい、準備はできている」ということを意味する。

http://www.scout-yamaguchi.net/yougosyuu/yougo_sa/yougo_so0400.htmより

何かが起きたら、起きそうになってからあわてて行動すると混乱がうまれます。そのことをワタシは一度経験しています。

何をする?

何を備えておけばいいのか?
以前も備蓄は記事にしていました。

こちらのページが大変参考になります。


食べながら備える!国崎流「流通備蓄」のススメ | マンション防災・安心のススメ | マンション・ラボ

流通備蓄を使った1週間の献立や、必要な道具(カセットコンロやガス缶など)の連載へのインデックスページもあります。
あわせて参考になります。


国崎流「流通備蓄のススメ」まとめ | マンション防災・安心のススメ | マンション・ラボ

参考にしていた記事は「量が多いなあ」と思っていましたが、今日みたいな日があるとけっして多すぎるものではないと実感します。

「(ジブンの家の中には)モノの無い暮らし」と、

スーパーマーケットに潤沢にモノがある前提

・・・は失くした方がいいかもしれません。スーパーにもコンビニにもモノが無かった日がありました。その日はいつ来るかわかりません。
ワタシにとって、それは昨日起こった出来事です。

モノを備えておくとココロに余裕がうまれます。これもひとつの「備え」です。

編集後記:

雪で家に閉じこもりながら、天ぷらを揚げたりパイをつくったりおでんを煮たりしていました。その合間に在庫管理をあれこれと思案していました。ブログを書きながら関連記事を読み直すと、やっぱりわが家には備蓄というほどモノが無かったです。2、3日は何とかなっても1週間や10日となると厳しいです。この機会に見直しをしようとGoogleドライブに表を作成しはじめました。

もちろん今まで通りムダなものは必要ありませんが、必要なモノまでが無いことのないよう注意したいと考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク