そうじに力を入れてみることにした

file000102122487

とりあえずやってみる

片づけ、整理整頓。部屋をぱっと見渡したときに、キレイに見せるのはそこそこできるようになりました。

「掃除」そのものは、得意ではありません。

まあ子どもが小さいと、食べこぼす→拭く→持ってるものを落とす→拭く→液体の入ったもの倒す→拭く・・・・のエンドレスで、目の前の汚れだけで精一杯と言うことが大きかったです。

全体を見回して「よし、今日はココの掃除をしよう!」という、取り組みはできませんでした。

長男8歳、次男もうすぐ5歳。ここにきてやっと!!
今年はやっと次のステップへ進めそうです。

お・そ・う・じ・・・おそうじ!(-人-) (おもてなしふう)

ルーティーンを作ってみた

朝:
起きてすぐ、ドライタイプのフロアモップで家全体をひと掃き。

昼:
パートから戻ったら掃除機がけ&ウェットクイックル

夜:子ども達を寝かす前に、床にあるものをすべて定位置におさめる。寝る前に読む本以外はすべて
3人の夕食が終わったら、シンクの中をカラにする

ひとまずこれで様子を見ることにします。

決めた理由は、きっかけとなる行動が大体同じ時間だからです。
時刻で決めていないのは多少前後しても作業に支障がない、むしろ基準の時間をきめても、ぴったりにならないことの方が多いし。
それゆえ、「時間が無いからやらない」にならないためでもあります。

形から入る

IMG_4027

いつもは廉価版のウェットシートを購入していますが、今日はちょっといいやつを買ってみました。

なぜか同じ香りのシートが16枚入り1P498円なのに、それぞれの香りがお試しパックの8枚入り1P198円、2P買うと378円という不思議な値付けで置いてありました。もちろん別々の香りで8枚入りをそれぞれ購入。

今日は試しにジャスミンの香り。一昔前みたいにとってつけたみたいな「芳香剤でござ〜い♪」というべっとりした「匂い」じゃないのですね。今は。ちゃんと「香り」がします。子ども達が「なんかいいにおいがする〜」と声に出す程度に拭き掃除をすると香りが漂います。わりと自然な香り心地でした。わるくない。

香りだけじゃなくて、お高いウェットシートは「織り」が、ちがう。廉価版はふつうの不織布状のものですが、クイックルのシートは「立体吸着シート」の名称がついています。ナナメに織られてるかんじ。引っ張るとナナメに折り目が浮き出ます。
クイックルのサイトにイメージ図がありました。


花王 クイックル : DR.クイックルの発明品 | 立体吸着ウエットシート エッセンシャルローズの香り

スーパーでお手頃で購入出来て機能も香りもよく、しばらくたのしく掃除出来そうです。
今度はドライタイプの香り付きも試してみよう。

編集後記:

苦手なものは道具から入ると捗ります。お気に入りのお掃除グッズがあるとたのしくなります。

ピアノ弾き&2人の男児母ブロガーやよこさんが以前紹介していたこちらが今でも気になっております・・
さらに掃除捗りそうよね・・・・


実際使ってみてオススメのキッチン小物とお掃除グッズ*子育てがんばろう企画* | やよこぶろぐ

スポンサーリンク