【新生児時期】予定は未定でOK。計画倒れ万歳!

時間の整理

file000786402730

次回は

沐浴用品、外出用品リスト、眠るときリストをご紹介します!

・・・・と、書いておきながら前回の記事にある「○○セット」をなぜ作った方がいいのか?という「時間の整理」に触れてから続きを書いた方が、「うん、なるほど!」と、考えやすいかな?と、順番を変更しました。すみません(汗)

計画はたてない

育児書にはよく「2、3時間おきにミルクや母乳を飲ませる。」とありますが、けっこうコレがくせもので。

赤ちゃんの成長ステップの「生まれたての頃」 についての情報 – ムーニー ユニ・チャーム

こう書かれると、「2、3時間おきってことは1回飲ませたら2〜3時間バッファがある」と思うじゃないですか?

泣く→ミルク作る→冷ます→与える→ゲップさせる→吐く→着替えさせる→オムツ替える(飲んだら下からブリブリ〜・・・ってよくある。)→寝かせる→抱っこからおろすと泣く→寝かしつける・・・・

・・・すでにこれで1時間経ってます。だいたい。

最初の頃は、オムツを替え、おしりをふき、着替えさせるのだってほんとうに一苦労。練習してやっと一連の動作がスムーズになりますから、最初はゆっくりゆっくりです。

・・・すると次の授乳の時間まで残り1時間もなくて、運がいいときで2時間くらい時間が取れる。ただし、その予測はたたない。赤ちゃんは機械ではないのであくまで「だいたい」

これが24時間態勢です。

見通しだけつけておく

file0001447089305

新生児。その名の通り「ルーキー」です。ママのおなかの外で生きることになじむので精一杯。
今まではおなかの中でのんびりまどろみながら、自動的に供給されていた酸素や栄養を自分でとりこまなくては生きていけない世界に放り込まれたのです。
赤ちゃん自身が、自分のいる世界に適応することでいっぱいいっぱいです。

ですから、何十年と生きてきた大人と同じペースで生きることが出来ません。

眠りが昼夜逆転したり(よくある)、ミルクや母乳を飲んだり飲まなかったり(飲む、という行為が難しい)。

ママも同じです。
赤ちゃんが産まれたからって急に「お母さん」になれるわけじゃない。
おっぱいをあげることだって人間にもう本能はほとんど残っていません。助産師さんの手を借りて練習に練習を重ねます。

赤ちゃんが壊れそうでおっかなびっくりでドキドキしながらひとつひとつの手順を整えて。
ぜーんぶ!赤ちゃんと一緒にお母さんも練習するんです。この先、一緒に暮らしていくことを。

予定はたてずに見通しをたてる、見通しは外れていい。

生後3ヶ月までの暮らしは24時間臨戦態勢です。
出産後のホルモンの影響で、ママさんはかなり殺気立っています。子供を守るためのアドレナリンがでていて、睡眠不足でも疲れを感じにくくなっています。

だからこそ、前回の記事にある「○○セット」をたくさん作っておき1回1回の行動にたいする負荷を下げたいのです。

料理に例えるなら献立を考えて、買い物に行って、手順を考えて、調理して・・・を毎食ごとくり返すことはあんまりしません。だいたい2、3日分とか買い物しますよね?

そんな感じに、この先24時間以内に赤ちゃんに起こりそうなことを予想して「○○セット」を作っていきます。
生後3ヶ月くらいまでは見通しは24時間くらいで。

  • 授乳2時間に1回として12回、3時間に1回として8回
  • オムツ替え(10〜20回)←一日24時間なのにオムツを20回取り替える可能性があると考えただけで、ねえ(苦笑)
  • 沐浴 1日1回
  • ソレ以外の時間は赤ちゃんはウトウトしてる。

これらをふまえて、今度こそ(笑)沐浴セットや、眠るときセットなどの記事を書きますね。

【編集後記】

もっと書きたかったのですが、自分のメモも兼ねて、他に大事にした方がいいことをリストにしておきます

自分の食事とお風呂の時間を確保。
家族の協力。
段取りと瞬発力。
やり過ぎない。
・・・でもたまに全力で何かやってもいい。

ファミリマネジメントジャーナルG-momさんの記事。これ、ホントにやってました。夜中のパン作り。

没頭する事で自分を取り戻す:ビックリしないでね!ママのストレス解消法

スポンサーリンク
スポンサーリンク