夏休みっぽくない

夏休みだからとあちこち連れまわすわけでもなく家でボーっとしています。

張り切って子どもと遊ぶ予定でしたが超空回りな自分に気づいたので、無理せず家のこと中心に休息を取りながら子どもの相手をしています。

とは、いうものの、宿題に付き合う程度でほとんど兄弟で遊んでいてくれるのでワタシはここぞとばかりにトイレや洗面所や台所床のコーティングをしたり、模様替えしたりあいかわらずです。

次男がわりと片づけ好きで模様替えのことを「おうちがえ」といいます。それは引越しだろとこころの中でツッコミますがすねるのでじっさいには訂正していません。ふだん、お手伝いを積極的にしないのですがおうちがえはとても張り切ります。すぐに結果がみえるしね。

料理もそう。
結果がすぐわかる手伝いは子どもの好きなこと。
お風呂洗いなんかは日々洗ってるから使用前、使用後がイマイチはっきりしないので子ども的に達成感があまりなさそうです。

…うん、この辺は夏休みっぽいな。
お手伝い。

兄弟たち、放って置くとずーっとYouTubeのゲーム実況を観てるのでさすがに午前中のテレビを視聴制限かけました。昼ごはん食べるまでYouTube禁止。0655からのEテレは幼稚園児がちょっと見るのでそこはおけ。

すると兄さん小3は暇なんですね。
時間持て余す。
ワタシは子どもと何かして遊ぶのがニガテなのでいっしょに家事をします。昨夜の残りの洗濯たたみ→タンスにしまう。掃除機かける。ゴミ出し。布団あげ。植物の水やり。…だんだん家事に飽きてくるのですかさず読書を勧めます。

このタイミングで進めると本人は家事から逃れたいのですっ、と本を読みますw

もともと読書が嫌いな子ではないですが宿題と思うと進まないみたい(~_~;)

こども向けの、長友選手の生い立ちの本なので読み出すと面白く読んでるようす。

夫には「これはまだ早くない?」と、言われましたが(文字の大きさやページ数)ほとんどの漢字にフリガナついてるし、興味のある分野は言葉の意味がわからなくてもなんとなく推測できるから。

長友選手の生い立ち本を選んだのは本人の希望もあるけどわたしも読んで欲しかった。
スター選手は最初からスターじゃないんだよ、っていうところを知って欲しいから。

もちろん才能に恵まれてる必要もあるけどそれを伸ばすのはやっぱり自分なので、得意なものを見つけて欲しいな、と考えるのです。

幼稚園児はにーさんがいればなんでもたのしいようで、傍らでかいけつゾロリを読んでご満悦です。

ま。この先のアクティビティで宇宙博やポケモン映画や美術館や実家訪問も控えてるしいまはこんなもんでいいかなー、とぼちぼちすごしてます。

ワタシもパートをこんなに長くお休みするのが久しぶりなので前半はゆったりしよう、そうしよう。

おわり。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク