ミニマリズムが気になる

P1040478

断捨離でもなく、捨てる技術でもなく、ときめく魔法もつかいません。

ミニマリスト関連の本を読んでみたいです。

最初はこのライフハッカーの記事を読みました。

目的のないものは排除せよ。人生に生かせる「ミニマリズム」の知恵 | ライフハッカー[日本版]

ミニマリズムのコンセプトは、最小限のもので最大限の効果を得ることにあるのです。

私は料理が好きなのであれこれ作って食べさせたり人にプレゼントしたりブログで公開してるのですごい調理道具持ってそうでしょ?

得意なこととって以外とモノがいらない。

ウチにあるのは一人暮らし用程度のオーブンレンジ。

ボウルとザルは各2個。
片手鍋1
両手鍋1
無水鍋1
圧力鍋1
ルクルーゼ1
フライパン1
中華鍋1
パン焼き機1
18センチ丸型
泡立て器

これで、和食、洋食、中華、イタリアン、製菓・製パンをこなしているのでわたし的には最低限です。極限目指している人には「ファッ?」かもしれないけど、「最小限のもので最大限」のコンセプトを満たしたラインナップになっています。
苦手なものほどアイテムが増える気がする・・・(=掃除グッズ)

苦手なものをうまくくふうしていろんな場面で「最小限のもので最大限」にすればいいのかも。ただただ、モノを減らすコトが目的ではなくて。自分のどの辺りで線引きするか?

ちょっと試行錯誤したいです。

ミニマリズムとかミニマリストの言葉をたよりに検索すると

吉澤さんのnote記事を発見。

吉澤さんとは「PlusDiary」主宰者さんでご自身も相当なミニマリスト。

PlusDiary

何かに興味を持ったときはそのジャンルをまとめ読みする傾向があるのでしばらく読書が続きそうです。

もたない男

もたない男

  • 作者:中崎 タツヤ
  • 出版社:飛鳥新社
  • 発売日: 2010-11-27

スマートサイジング[Kindle版]

スマートサイジング[Kindle版]

  • 作者:タミー・ストローベル
  • 出版社:駒草出版
  • 発売日: 2014-06-30
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク