節約の本を読むよりも結果的に節約になってお金をたいせつにすることになる本を紹介

「経済」って聞いただけでひるんでしまうあなたに

この本のタイトルが「投資家がお金よりも大切にしている『経済』の仕組み」って言うタイトルだったら手に取ってないと思うのです。ワタシのように「経済」って聞いただけでひるんでしまうタイプの人にはもってこいだと思います。

とてもわかりやすく書かれていて、「お金ってそもそもなになのだろう?」と考えを深めるきっかけになりました。ワタシ自身の「お金よりたいせつなもの」ってなにだろう?と。

内容は深いながらも、読み進めるのに苦はありませんでした。夫の本棚にあったものを拝借したのですが、一日半で読みました。
それもそのはず、筆者は大学生くらいの若い世代に向けてこの本を書いていらっしゃいます。ワタシのようにいろいろ節約本読んだけど、家計簿が続いたためしがない、なんだかいつもお金が足りない、そんな同志(?!)なアナタが、どうして節約しようと思っているのか?を根本から考え直すきっかけになると思います。(すでにお金の勉強をされている方には物足りないと思います。)

たくさんの節約テクニックの本を読むより、より「本質」であるので無駄なインプットを「減らし」結果が「増える」本です。『減らす技術LIFE』を実践中のワタシにはぴったりでした。

なぜ、お金が存在するのか?
なぜ、お金が必要なのか?
ワタシがお金を使う意味って?
お金を使うってどういうこと?

ただただ「節約」ということばで数円を切り詰めるのでなく、お金が社会を動かしていることを知り、自分が支払うお金がどんな意味を持っているのか?

自分の身の回りだけの小さな世界ではなく、「経済」という大きな視点から「お金」を考えることでむしろ無駄遣いをしないようにしよう、使うときはキッチリ使って社会に還元しよう、そんなふうに考えることができるようになりました。

さらなる消費税増が控える中、よりいっそう学ばなければいけないジャンルだなー、と考えています。次は何を読もうかなあ。

スポンサーリンク