日々の暮らしの内容

kuma

少ないツールでより良い時間管理

私の使っている時間管理のツールはおもに3つです。

  1. Todoist
  2. キッチンタイマー
  3. ほぼ日手帳 オリジナル (and  ほぼ日ホワイトボードカレンダー)

マルチプラットフォームアプリ Todoist

以前紹介した記事がこちら
生活のリズムを整える | くらしすたんと

Todoistで管理しているのは自分と子どもたちのルーティーンがメインです。
毎日毎日の「お弁当作る、朝食作る、並べる、たべる、あとかたづけ、歯磨き、かおふき、着替え・・・」みたいのが延々と並んでいます(笑)もう、todoアプリとかいらないんじゃ?と、思うことがあるくらい毎日同じことの繰り返しですが、ないと終わりがわからないのです。きょう、これだけのことが終わった!の、感触が大事。

特別な用事や学校、幼稚園の行事などは紙の手帳に書いています。持ち物や日時をリストにします。それらを書いた上で、Todoistにリマインダーをセットするのが流れです。(つまりルーティーンは手帳に書いていない、ということになりますね。)
現在Todoistは日本向けに改善をしているそうなのでとても楽しみです。

公式サイトではないけれどわかりやすくまとまっているアプリ紹介サイトを見つけました。
ざっくり使い方とかわかりやすい。

スマホでタスク管理するなら「Todoist」がオススメ、ビジネスやプライベートのマネジメントに | アプリオ

キッチンタイマー

こういうの。

朝、家を出るまでにあと何分?のタイマー。
子どもたちのゲームやテレビ視聴時間、入浴時間、歯磨きタイム。
自分のブログ書く時間etc・・・

とにかく終了時間をセットしてピッ!です。iPhoneよりアナログが一番。iPhoneだとついよけいなことを思い出して調べ始めて・・・と、ハマることがあるのです。(私の場合)
子どもたちは上手にiPhoneでタイマーをかけます。Siriに「タイマー○分!」とお願いしてます。

ほぼ日手帳オリジナルとほぼ日ホワイトボードカレンダー

去年、一昨年はほぼ日手帳WEEKSを使っていました。
長男が生まれた年と次男が生まれた年にオリジナルを使っていたので、5年ぶりに原点回帰?!です。しかし重い・・・(苦笑)

手帳は月間ブロックに自分と家族の予定を書き込みます。パートのシフト、行事、通院などが記入されます。また、行事によって必要な持ち物を「このくらいの時期に買っておきたい」といった見通しもリストされています。

ほぼ日手帳の月間ブロックとほぼ日ホワイトボードカレンダーが同期されるように書きます。片方にかいてあって片方にない、ということがないように気をつけています。ほぼ日ホワイトボードカレンダーは家族との共有のためです。自分一人なら手帳だけですむけれども、家族にリマインドしてもらいたいこともあるので書き付けています。

デイリーページはほとんどメモ帳。書いたり書かなかったりです。特にどういうふうに活用しよう!とか意気込みはないです。思ったことを書く。日記みたいなものです。

今年は1週間の見通しを立てるツールがないので、月間ブロックを俯瞰することで調整しています。ただ、今週はちょっと忙しいかも??というときだけまっさらなホワイトボード(冷蔵庫に張ってある)を7等分して臨時で使っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク