初めて”おいしいブリ大根”がつくれた!

fish
△写真はイメージです。コレはブリじゃない。

ふっくら柔らかな魚の身と、味染み大根がたまらない!

”ブリ大根”そのものは冬になると1回くらいは作っていました。
おいしくないワケじゃないけど、リピートするほどでもない、みたいな。
味から逆算して、砂糖、醤油、みりんで適当にてり煮にしていました。

・・・ところが!

きょう、めっちゃおいしいブリ大根を作ることに成功しました!
リピートしたいおいしさで大満足。

▽レシピはこちら!▽

きちんと美味しく作る!ぶり大根の作り方/レシピ:白ごはん.com
分量の下にある小さい※印の気遣いにまず感激。

[lightgrey_box]※上記の分量を作るには3~4L程度の容量の鍋が必要になるので準備できる材料と道具によっては半分にして作ってください![/lightgrey_box]

お鍋の容量まで書いてある!おかげで迷うことなく我が家で一番大きな鍋で作りました。

手もとにあるブリあらを計ってみると780グラムほど。レシピとの差は30グラムなので味付けはそのままで作ってみました。

うちで作ったときの写真

[two_columns_one]

IMG_2227

[/two_columns_one]

[two_columns_one_last]

熱いお湯をかけるためにボウルに入れたぶりアラ

[/two_columns_one_last]

[divider]

[two_columns_one]

shitagoshirae

[/two_columns_one]

[two_columns_one_last]

霜降りしたぶりアラ。リンク先も白ごはん.comさんです。本当にわかりやすくてためになる。ありがたい。魚が全体的に白っぽくなったのがわかりますかね??

[/two_columns_one_last]

[divider]

[two_columns_one]

daikontoburi

[/two_columns_one]

[two_columns_one_last]

レシピ通りに切った大根をなべの下に、ぶりを上にして並べました。水とお酒を加えます。大根を下ゆでしなくていいのはとてもラクです!これはいい。

[/two_columns_one_last]

[divider]

[two_columns_one]

daikontoburi2

[/two_columns_one]

[two_columns_one_last]

上の写真の状態から、20分ほど炊いたところ。途中アクをすくってたら魚の身がほろっと崩れることもありましたが、まあ家庭料理だし、アラだし、、、ということで!

[/two_columns_one_last]

[divider]

[two_columns_one]

buridaikon

[/two_columns_one]

[two_columns_one_last]

レシピ通りに、砂糖→煮込み→醤油→煮込み、を繰り返し、できあがりました!みりん、いれないんだねえ。わたし今まで入れてました。

[/two_columns_one_last]

[divider]

[two_columns_one]

[/two_columns_one]

[two_columns_one_last]

ゆずの皮の千切りを飾ってできあがり!ちょっと写真が微妙です・・・。もっとおいしそうに撮れるようになりたい。おいしくいただきました!とくに、大根の味染みの良さにおどろき!下ゆでせず、お魚と一緒に炊いているのに、お醤油の色がしっかり内側までしみ込んでいました。

[/two_columns_one_last]

[divider]

しばらくハマりそうな予感

ブリ大根のほうじゃなくてですね、「白ごはん.com」に。

白ごはん.com : おもてなしから基本まで いちばん丁寧な和食レシピサイト
おかずに困ったらここをみればいいじゃない!クッ○パッドよりずっと安心(笑)プロのレシピがこんなに閲覧できるなんて大盤振る舞い。まさにfree。

でもやっぱり手元に本も欲しくてポチリ。(アマゾンギフト券とっておいてよかった!)

コレ絶対役に立つやつや!まちがいない。
届くのが楽しみです。

▽もひとつ気になる本。立ち読みしていいなあ・・と思いながらまだ買っていないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク