1月の振り返りと来月に向けて

file3171343254519

今年最初の月次レビュー

今年のテーマは「より少なく、しかしより良く」

1月を振り返り、2月から「減らせる・減らしたい」ことがらをリストアップしました。

  • SNSの閲覧時間
  • 買い物回数と1回あたりの時間
  • おやつの量・コスト(ちゃんと夕飯が食べられるようにfor子どもたち
  • お弁当を作る時間
  • 使うお金、その頻度

おなじく、振り返って自分が満足できたことのリストアップもしてみました。
「うん。わたし、ちゃんと進んでる。」
この納得感は記録がとても大切です。

  • キッチンリセットの継続。これは習慣になったと判断して継続リストから外す。
  • 英語学習のスタート、習慣化スタート。新月(1月20日)からスタートするためのソフトランディングを1月前半から開始後、そのまま継続中。
  • 幼稚園の送迎バスの時間が1時間半も!時刻が変更。新ルーティーンを試すも、そのルーティーン継続が短期間過ぎる。
    現在→卒園→春休み→小学校入学・・・で、どんどんかわってしまう。
    起床時刻、食事の時間、学習時間、就寝時間のリズムをまもってほかは臨機応変で過ごしている。(自分の持っている「ルール」をあえて使わず、こだわりを減らす)

PDCAではなく「DACP→D」

計画をたてるより、とりあえずこうしてみようかな?という「D=実施・実行」をします。
暮らしをゼロベースで考えたときにさいしょに起こしたのは「行動」からでした。

暮らしをゼロベースで組み直す | くらしすたんと
自分はいつ、どこで、何をしているのか?まず自分の行動を知ることから始めます。その後で「減らせる」と、考えた物事を削っていきます。この行動が「A=処置・改善」にあたります。実際に行ったAをもとに「C=チェック・点検」し、「次はこうしてみようかな?」と「P=計画」をたてます。ここまで実践してから通常の「PDCA」に移ります。ゼロベースから日々の生活を立ち上げるときはまさにこの順番でした。

いきなり壮大なプランを立てても実行に移すことは難しいですが、自分の行動を洗い出してから足し引きしていくと実行に移しやすく、継続につながっていると考えています。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」にある【上手に手放すテクニック】P184〜が大変参考になります。
[green_box]

現状維持バイアス
いつもやっているからという理由でそれをやめられない傾向を「現状維持バイアス」と呼ぶ。(中略)
当たり前のようにそこにあるものを、人は無条件に受け入れがちだ。(P189)

[/green_box]

[green_box]

まっさらな状態から、時間やお金やエネルギーの使い方を改めて考えてみよう。ただ惰性でつづけていることはすぐにやめるべきだ。(p190)

[/green_box]

このページは以前も引用したかもしれないけれど、それだけ大切にしている言葉です。

回復の兆し

レビューをしよう、むしろしたい!と、思えるところまで回復してきました。

一時期は、「タスク管理」なんてモノをすべて手放して、その日そのときその時間になってから考える、という暮らしをしていました。パートも休み、2ヶ月くらいほとんど収入ゼロ。夫の月給のみですごしたので貯金も崩しましたね(汗)
それでも、あのときにこの経験をしておいて本当に良かったとおもいます。この経験より前のわたしとその後のわたしでは本当に全然違います。特に家族の反応がずいぶんかわったように思います。わたしの捉え方が変わったのかもしれないけど。ただ「ゼロベース」をしただけでなくて精神的にもハードで、寝込むわアタマ働かないわで、ゼロベースにせざるを得なかった状況であったことも書き添えておきます・・・そんなうつくしいものじゃなくてけっこうドロドロしたことがたくさんありました。そういった「ドロドロしたもの」を吐き出す作業だったのかも知れません。

「・・・ねばならない」で生きてきたわたしの変化 | くらしすたんと

過去のブログ記事紹介
月次レビュー再開 | くらしすたんと

編集後記

あまりにのことをブログに書きすぎてとうとう?!拙ブログ記事が書店向けのPOPに採用されました(^^) すごくうれしいです。本当にいい本なのでぜひよんでみてください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク