ほぼ日手帳から引っ越し→Bullet Journalはじめました

 Bullet Journal?

紙のノートを「神のノート」に変身させるアナログToDo管理テクニック | ライフハッカー[日本版]
公式はこちら
Bullet Journal – The analog system for the digital age
わかりやすい使い方まとめ

箇条書きで情報をまとめる『バレットジャーナル』のはじめかた – NAVER まとめ

わたしのBullet Journal

IMG_3168.JPG

こちらで企画されたツバメノート製のオリジナルノート
Thinking Power Notebook:B5版「メトロポリタン」A5版「ネイチャー」

開くとまずインデックス

IMG_3167.JPG

次のページ▷
6th months ログ用ページ。わたしのノートは横長なので、1ページをたてに3分割して見開き半年にしています。

IMG_3170.JPG

次のページ▷
マンスリーログは縦書きで手書き・・・が、Bullet Journal公式ですが、わたしは月間ブロックの方が視認性が高いのでカスタマイズしています。

IMG_3176.JPG

次のページ▷
さらに、忘れてはこまるものをマンスリーログの横に貼付けています。ノートのサイズが小さいので縮小コピーしたものをのり付けしています。子どもたちの学校の予定とサッカーの予定です。

yotei

次のページ▷
カレンダーとはべつに、予定とログをとるコレ!!してるとしていないではかなり効率度がちがう。それは・・・・「まいにちのこんだて」です。

IMG_3174.JPG

これまでは情報と計画ページでした
次のページ▷
やっとデイリータスク&ログページ。doingリストみたいにどんどん思いついたことを書いていきます。チェックボックスに意味付けをして、じぶんでくふうできます。アルファベットと違って日本語は漢字も混ざってて漢字で意味を取れたりするので、細かいKEYを作らなくても大丈夫な気がします。

IMG_3175.JPG

Bullet Journal公式は先の予定を書く概念はないのですが、ないとやっぱり困るのでノートの後ろにこんなふうに。今年いっぱい分の月間カレンダーを挟み込んでいます。

IMG_3181.JPG

学校の年間予定も縮小コピーして後ろのページにのり付け。
モザイクだらけ何がなんだかだと思いますが、4月〜翌3月までの年間計画です。

IMG_3182.JPG

なぜいまさらBullet Journal?なのか

自治会、サッカー、PTA、パート、ファミリーマネジメントジャーナルの編集、家事、子どもの通院、自分の通院、日々の家事のルーティンetc・・・・タスクがあふれてしまいましたorzただ、カレンダーに書くだけじゃだめだ。「システム」をつくりなおさなければ、と考えました。

文庫本サイズのオリジナル – 全ページ解説 – ほぼ日手帳 2015
ほぼ日オリジナルを使っていたのですが、月間ブロックは使うけど、デイリーページがすっかすか、だったのです。最初はもちろん気に入って今年こそかくぞー!とは、思っていたけれどにんともかんとも。ほぼ日のカバーが気に入っていて、カバーだけは使いたかったから文庫本サイズのノートを探していたんだけれども、コレというものがなくひとまずいまはおやすみ中。

thinking power notebookは、うすい水色の方眼でじゃまにならず主張せず、ひかえめだけど必要な分はある、って言うこの絶妙感。とても書きやすいです。ノートなので薄くて軽い。小さなバッグにも入ります。ほぼ日はやっぱりどうしてもしかたないけど重かった・・・

究極アナログ手帳ですが、これをtodoistと絡ませてリマインダーをセットし、うまい具合に「システム」として稼働できてきたので次回はその辺りを紹介します。

さいごに

「自分のやりたいこと」がわからないとタスク管理とかスケジュール管理はその「かたち」にとらわれてしまいます。やっと自分が「なにを管理したいのか?」というあたりが固まってきたのでやりたいことが見えているので「こうしたいために何をすればいいのか?」っていう「システム」作りになってきたのでとても楽しいです。

▽この本がとてもおすすめ。古いけど。

スポンサーリンク

フォローする

こんな記事もあります
スポンサーリンク