こういうひとを「愛」っていうんだなあ


尾木ママのお話を聞ける機会があり、イベント参加してきました。感動をメモしておきたくて。ざっくりと。

今回はコカコーラ社のアクエリアス主催イベントでした。
尾木ママクラスのひとだったらきっと仕事選べると思う。今回のイベントだって商品のプロモーションをするためのもので、広告塔です。

普段飲まない飲み物の仕事なんて受けないわっ❤️でも通せる位置にいるひと。
それでも、特定の商品のプロモーションだとしても、尾木ママは「お母さん」たちに、尾木ママ自身の口から「子どもへの接し方」「親子のありかた」「豊かな心の持ち方、育て方」を、伝えたいんだな、と。私はそう感じました。
言葉遣いはオネエふうでも大学教授であり、ご自身で立ち上げた研究所もあり、その道のスペシャリスト。

逆か。

オネエキャラが定着したのはここ数年。児童生徒たちの心と身体の研究、啓蒙活動をずっとずっとしてきた人なのだ。

オネエキャラが出来てやっと伝えたい層に届くようになった、ってことかな?だから出るのかな?と、勝手に想像。

キーワードは「豊か」だった。

「子どもたちの心が豊かに」

「経験を豊かにする」

「豊かな活動」

それだけ、今の親子関係は満ち足りていないものに見えるのかな?見えるだろうなあ。我が身を振り返っても。

子どもとの遊び方をどんなに教えてもらっても子どもたちが小さいころはそんな余裕が無かった。いまはね、まあなんとかなるけど。上が3歳下が0歳なんて公園行くだけでひと苦労で一緒に遊ぶなんて余裕全くなかったからなあ。

朝から晩まで子どもと一緒で途方に暮れてましたよ。晩で終わればいいけど夜泣き&授乳だしね。両方交互で。豊かであるより、不足してなければひとまずクリアで許してくださいレベルだったな、ほんと。だからいまファミリーマネジメントジャーナルとかやってるんですが。
あ、なんか話題がずれちゃったけど、尾木ママはほんとに情熱溢れる方でした!たくさんの知見をわかりやすい優しいことばで、データもきちんと交えて、すぐにでも実践できる形で話してくれて。いまからでも遅くない!と、自分に言い聞かせて(^^;;豊かな子育てをしたいものです。…努力目標でw

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク