心の傷は癒えない、ただあったことの記憶が薄まるだけ

ものすごくショックな出来事がありました。

過去にも人生の見え方が変わるくらいの経験もしてますが、それらとは毛色の違うショックで、感情に向き合うのがつらい。
いままでも、散々傷ついてきたけどどうしていたっけ?と、ふと考えた時に出てきたのが本日のブログタイトルです。

一旦受けた心の傷は癒えない。皮膚や骨、トカゲのしっぽのように、傷が修復し、元の状態まで再生されることはない。これは自分の経験です。一旦ついた傷はそのままだ。

たまに「美化」 という加工をしてしまう人もあるようだけれど、それでも傷は傷としてのこっている。かくしているだけ。

じゃあ。心って傷のないスベスベのツルツルであるべきか?というのはそれも違う気がする。

うん。傷によって研磨された心。その傷さえも活かす感じ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク