不安を確かめる

不安はその正体をみつけられないときにムクムクと膨らみ、こころに覆い被さる。その正体をみつけてみる試みをした。

ここからちょっと広告です—->



– – ->広告がおわりました。続きをどうぞ。

  • 身体半分がゴワゴワして気持ち悪い。何か悪い病気なんじゃないか?
  • 検索するとものすごい大病の結果ばかり
  • でも今は夜中でどうにもできないし、こうしてスマホをいじることはできる。
  • ということは急を要する状況ではない
  • 明日の朝になっても変わらなかったら病院へ行こう。
  • 月初に強いストレスうけたせいかも?
  • 身体がそのストレスをうけとめてるのかもしれない。
  • ずっと重だるいし、天気もくずついているし、急に気温も下がった。外的要因もおおい。
  • ストレスに対応する五臓はなんだっけ?肝?
  • 冷えもあるかも。
  • 気が滞ってるのは間違いない。
  • 師匠のブログを読んで気だけじゃなくてどうも、血が関係してそうなことに気づく
  • 体の右側の不調も肝なのか??
  • 悩んで、寝不足で、血を作り出す時間に眠れなかった。
  • 満月3日前で不安定なのかも?
  • とにかく気血水整えよう。
  • まるっと全体で考える。ある場所、ある部分に目も気持ちも行ってしまうけど、体全体を沼からせせらぎに還るイメージで。
  • それでもダメならもう一回病院へいこう。

こんなことを考えてたら眠りにおちていました。見えない不安を不安のままにしないで、なぜそう思うのか?をどんどん具体的に詰めていきます。養生、中医学では弁証というらしいです。まあ、自問自答です。意外と効くので不安な夜にお試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク