《きょうラク》カットしてつかえる絆創膏。大きさ自由自在!

IMG_4145 (1)

おでこの切り傷、ビミョーな幅、ビミョーな傷の長さ。
大きいサイズの絆創膏だと大きすぎるし、入り枚数が少なくて朝晩2回交換するにはコスト高。
かといって量販タイプのサイズだと小さい。困ったところにこんなステキなものが!

↑¥292って表示されてるけどリンク先は¥551です。へんなの。

私は薬局で¥450くらいで購入できました。

幅広、幅狭めと2種類のシートが入っています。これを自分の使いたい量をはさみで切って使うことが出来ます。べんり〜!こういうことがあるまで、こういう商品があることを知りませんでした。

なぜこんな商品を探したかというと・・・・

長男、クラブ活動中におでこから流血。学校から電話かかってきました。とほほ。
「結構出血があったので、病院連れて行ってください」と早退することに。
どうやら、上級生と正面衝突した際に、身長の差で上級生の歯と長男のおでこがガチーン!と当たって切れたとのこと。

その足でそのまま病院へ向かいました。

幸い、「縫合すれば綺麗に治るよ」というところでしたが「どうも上級生の歯が当たったみたいで・・・」と私が口を挟むと「え?歯なの?!」と整形外科の先生驚く。

どうも普通のケガなら消毒して縫合すれば良いところなのが「歯」で切れた場合は感染症を起こしやすいとのこと。

  • 歯に雑菌が多い
  • 歯の形状は複雑

これが相まって膿みがで来やすいそうです。縫合後に膿んでしまうとそれをいったん外してうみを出して・・・となると余計面倒なことになるらしく、先生少し考えて「テープにしておきましょう」と消毒と縫合テープの処置になりました。一見するとメンディングテープみたいだけど傷を綴じるもののようです。

翌日、傷の治りを見せにいくと「思ったより綺麗ですね。血も止まってるし。これならもう絆創膏と抗生剤の軟膏でだいじょうぶです」とのこと。ホッとしました。

そんなわけで、1日2回、朝晩抗生剤の軟膏を塗り、絆創膏を貼り直しというタスクがしばらく続きます。汗をかく夏場じゃなかったのが幸いです。ホント。

↑これだと傷部分にパッドが足りなさそうでした。

スポンサーリンク