アンテナをたかく


うっかりすると、1日の中でひとつも楽しみがなかったように感じてしまうことがある。そもそも、最初から楽しみなんてないと投げ出していたこともあった。毎日がやらなきゃいけないことにあふれていて、息つく間もないと思い込んでいたし、実際にそういう時期を過ごしてきた。

いまは、少しだけきもちのアンテナの感度を高くすることを意識するだけで、ちゃんと楽しいことは見つけられる。

子どもとボケツッコミして笑ったり、作ったごはんがおいしくできたり、たまたまつけたテレビが面白かったり。「そんなこと?」と、おもうことがらこそが、日々のわたしをつつむ、小確幸。

いつのまにか忘れてしまうささやかな風景を心に留めよう。

いつのまにか忘れてしまいそうなささやかなことがらこそ、しっかり書き留めておこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク