「好き」をたのしむために

Beer on Cruise

好きなものを楽しめるカラダでいるために

食べたり飲んだり、寝たり、休んだり、運動したり・・・日々の暮らしを養生視点で考えたときに #養生初心者 というハッシュタグでつぶやいています。Twitter上では以前のように年単位でさかのぼれなくなってしまい最近のログしか残っていないのが残念ですが。

自分の「やっちまった!」体験から「きょうはこんなことを試してみた」という本当に体験・経験・結果をつぶやいているだけなのです。
わたしのこんなtweetをもとに・・・

というtweetを拝読しました。

そ・そうだよね・・・
食べちゃダメっていうtweetに見えるよね・・・と、ちょっと考えてしまった次第です。

考え方

単純に、

○○を食べてはいけない
○○を食べるといい

こう考えてしまうと養生は「つらい」ものになります。

大好きなオールブランを朝食にたっぷり楽しみたい!
→朝、胃の活動を準備万端にするために夜は温かくて消化の良い食事にしておこう!

そんなふうに考えます。わたしの場合。

たとえばオールブランにそんなにこだわりが無くて、サッと食べられて、サッと片付いて、サッと家をでることができるから・・・という理由だったらおかゆやおにぎりもいいかな?とも、考えます。

ちなみにわたしの朝食はパンが多いです。好きだから(汗)
ふつーに、ふつーのスーパーで売ってるやつです。マーガリンと蜂蜜だったり、ジャムだったり。

そのぶん、昼食や夕食で #養生初心者 ハッシュタグ発動することが多いと思います。

好きなものを楽しむために「ふだんの暮らし」を養生しておく。
そういうスタンスです。

先月はたらふくビールも飲んだし、焼酎も飲みました(笑)
それを楽しめるのは「できるとき」に「できる範囲で」養生を取り入れてるからだと考えています。

無理をしたら続かないし、続けたくない。
好きなものを犠牲にするような生活はわたしだって嫌です。

ほんのちょっと、ほんの少し。工夫を重ねていくうちに自分の心地よさの軸が変わってきますから、無理なく続けることができます。

たとえば、もしかしたら今は「がんばって」ホット飲料をチョイスされているかもしれません。

「のりさんのライフハック×養生読んだからやってみなきゃ!」と努力していただけているのかも。ありがとうございます。でも、アイスカフェラテ飲みたくなったときは飲んでください^^v
無理をするとダイエットのリバウンドのようになってしまいます。推奨されるものを食べたり飲んだりしていなかったから挫折・・・ではありません。

「どうしてそれがほしくなったのか?」
「それを食べたり飲んだりしたらどんな変化が現れたか?」
「それを食べたり飲んだりしてどんなきもちになったか?」

自分を観察するチャンスです。

こればっかりはもう、経験してもらうしかなくて。
繰り返していくうちに、パターンが見えると、対応がくふうできるようになります。そのうち自然と身体が選びます。少しずつ、嗜好も変化します。身体も変化して心も変化します。ものすごくゆっくりですけれど。

わたしもいまやっと3年経ったからこそ、いまの自分があります。

さいごに

日々の暮らしのくふうをかさね「自分の選択で」よりよく生きていくためのものです。
そのみちしるべが「養生」の考え方です。

・・・自分のkindle本のランキングを見ると、カテゴリによってはそれはそれはいろんな本が出てきます。

何かひとつの方法にすがるのはとても危険だと考えます。
ですから、わたしの書いていることにもすがるのは危険です。妄信はしないでください。(しないとおもうけど。)
ツールであって目的ではないからです。
自分で感じ、実行して、ほんとうにそれが自分にとって役立つのか?
それは自分にしかわからないからです。

もひとつさいごに。
いま、病気のひとはこの範囲ではありません。病気を治すものではありません。
医療機関にて対応してください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク