第一回片付け講座を開催しました

[ad]


※うしろにゴーカイジャーのポスターが見える辺りが自宅講座の醍醐味(笑)

昨日、「くらしすたんと。」の記念すべき第一回講座「すっきりを考える片付け講座」を行いました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
7名の大人と6人の1~2歳児たち!
和室6畳を子どもたちの遊び場に、我が家のリビングダイニングを会場に講座を行いました。
(緊張のあまり撮影を忘れました(汗))

コンテンツは、昨年家事塾にてしっかりと半年学んだ「片付けの三原則」を中心に

  • 2グループに分かれてのワークショップ
  • 個人作業
  • グループごとの発表
  • 講義
  • 質疑応答

を、行いました。
講座終了後の、受講生の方よりメールを頂きました。
「自分のストレスが何なのかヒントになった」「こういう講座がはじめてだった。面白かった。」「また聞きたい」という言葉をいただき、ほんとうに嬉しく思いました。ありがとうございます。ファシリテーターとしては、もう少ししっかりとワークの落し込みをしたかった・・・と思っていましたが、ワタシが落としどころをつけるまでもなく、皆さま自身が気付きを持ち帰ってくださっていた様子がわかり、ほっとしました(^_^;)

※ワークショップの成果

反省点はやはりこどもたち!!の、相手。
ワークショップのために付箋や模造紙、カラーペンを出すと、興味津々の瞳で寄って来てしまいました。
おかあさんたちは、今ひとつ集中できず・・・(汗)
次回以降は、

  • お子様連れの場合は講義中心にする
  • 出張の保育サービスを利用する
  • 保育付きの会場を用意する

・・・の、いづれかを考えています。

次回以降、開催が決まり次第ブログやtwitterにてお知らせいたします。
「くらしすたんと。」でもアカウントを取得したのでフォローしてくださると嬉しいです。@kurasistant

編集後記:
今回は内々での開催でしたが、内々だからこそ余計、緊張した部分もありました。
「Kくん(長男)のおかあさん」であるワタシを知っているママ友のみなさん。ワタシを「ファシリテーター」「講師」として見てくださるかものすごく緊張しました。・・・が、杞憂に終わり、皆さんすごく真面目に取り組んでくれてありがたかったです。
これからの課題もたくさん出てきました。ワタシの修行がはじまりました!

発想法―創造性開発のために (中公新書 (136))


家事セラピスト、はじめました (家事塾)


かぞくのじかん 2011年 06月号 [雑誌]

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク