買い出し後、日々がラクになるいくつかのステップ(その1)

だいたい週に1回、お値打ちのスーパーにまとめ買いに行きます。
理由はふたつ。

  • 支出増につながる「買い物の回数」を減らしたい
  • ものごと(例えば献立、買うもの、買わないもの)を、「決める」回数を減らしたい

行くたびに買うものを決めるのはアタマが疲れるし、時間ももったいない。
もちろん、足りないものの買い足しに行ったり、単純に「気晴らし」でスーパーをうろつくこともあります。
実務として「365日(今年は366日)家族の3食(=1098回)を考える」ことを減らすことができれば、ワーキングメモリへの負荷も減らせると考えています。

「あ〜・・・夕飯なにしよっかなあ・・・」と、366回考えるのは本当に疲れます。予算も栄養も家族の年齢もそれぞれの体調も加味して考えるからです。少しでも先回りしてラクにしておきたいのです。

・・・というわけで我が家のある週の買い出しです。

その1野菜や加工食品、お菓子、瓶詰め、缶詰、食パン、そして野菜類。

トマトはヘタを取って水洗いし、冷蔵庫に保存します。出してすぐに使えます。
IMG_5030

ジャガイモやたまねぎは新聞紙を敷いた所定の場所へ。カレーやシチューが献立にあれば、たまねぎはむいて切ってタッパーへ入れておいたりもします。ジャガイモやニンジンはやらない。(変色するから。)

IMG_5032

しいたけは石づきを取っておきます。形がバラバラなだけでお徳用99円。たっぷりの生しいたけ、うれしい。
IMG_5033

まいたけはほぐしてすぐに炒め物や汁物に使えるようにスタンバイ。

IMG_5037

キャベツは半分くらい千切りにして保存。以前のinstagramに写真が残っています。
ほうれん草、小松菜は茹でてタッパーに入れておくこともあるのですが、夏場は足が速いのでそのままが多いです。

ほんと〜〜にささいなもの編

IMG_5056

3個パックの豆腐や納豆。全体をつるっとかぶせてあるビニールを外して、バラしてから入れます。
ちょっと前まではこの「つるっ」がないと、消費期限がわからなくなることもありましたが、最近はだいたい小包装のひとつずつにプリントされているのでラクになりました。

IMG_5057
ツナなんかもペロリンと、ビニールは剥がしておく。5秒の積み重ねは大きいですよ!!(・・・ってホリエモンも言ってた。)

IMG_5040

実際は学校給食があったり外食があったりと1000回はないかもしれませんがこうして数字にしてみると、実際自分が年間で何食作っているか?カウントするのも面白そうと思いつきました・・・。意外と記録は残ってないんだよなあ。(ツイートしたり写真撮っていても数を把握していなかった)

次の「その2」は、肉や魚などです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク