ママ、もっと自信をもって【PR】

レビュープラスからご案内いただき、「ママ、もっと自信をもって」を読みました。

IMG_5185

「ぐりとぐら」

「いやいやえん」

「そらいろのたね」

そして1年生の「くじらぐも」。

一度はどこかで見たり聞いたりしたことのあるお話たち。
これらを書いた中川李枝子さんのインタビュー集です。

web版日経Dualでのインタビュー記事を後半に置き、前半は中川さんの生い立ちから保育士として働き童話作家として活躍するに至る2部構成となっています。

『ぐりとぐら』作者はワーママだった 中川李枝子さんインタビュー(連載バックナンバー) | 日経DUAL

前半の第一部は、中川さんがどうして保育士を目指したのか?
どのように保育士として過ごしたのか?17年勤務を続けた保育園が閉園したのち、童話作家として過ごす日々のこと、関わった人たちについて書かれています。

”子供は楽しいから生きている”

この本は「ママ、もっと自信を持って」というタイトルですが、読み進むうちに、子育て中の「ママ目線」ではないことに気づきます。あくまで保育士から見た子供達と過ごした時間のことや、子供達から見た「ママ」の存在についてが書かれています。

また、「ママ」としての中川さんの記述はほとんどありません。本編中に、中川さんの夫である中川宗弥氏や息子さんがいらっしゃることの文章がほんの少しあるだけです。掃除洗濯子供の世話を手伝ってくれた話や、中川さんの勤める保育園で造形の教師として、また男手として仕事の一部を担ったことが書かれています。

だからこそ、でしょう。
この本の中に「良い母親像」の見本はありません。
ありのままの「あなた」でいいんですよ、と、伝えてくれます。
「人として」子供と関わればいい。

子供達は楽しいから生きている。楽しみに向かって貪欲で一路まい進。いかに面白く愉快に遊ぶかを追求します。真剣そのものなので、ひと悶着起きるし、けんかにもなる。必要に迫られて、相手の気持ちをくんだり、考えたり、自分の気持ちの伝え方を学んでいく。p18より

そう、子供たちは何かを「教え込まれる」存在ではないことに改めてはっとします。

子供に興味がなければ無理に教え込もうとしたってダメ。教えなくても、子供は関心があるものを見つけ、「楽しい」思いをするだけで色々なことを学びとるのです。

・・・わかってはいるんですけどね。耳の痛い話です。とほほ。

振り返る人がわかること

現役の「ママ」の”いまいま”に直接役立つことよりも、私のように子供達が乳幼児期を過ぎて、過去の自分を振り返って「あの時あれでよかったのかもしれない」と、読むほうがしみじみくるかもしれません。

今は子育ての情報があふれています。ありすぎるゆえに、不安になるのでしょう。

育児にも流行があるようです。 p109

現在進行形で子育てをする人には「いま」手に入る情報がすべてで、多いか少ないか比較することはできません。
私は10年前、まだiPhone(などのスマートフォン)が世の中に出る前に長男を出産しました。ガラケーのネット接続とパソコン利用のインターネット。それに比べれば確かにいまの方が情報は多いかもしれません。
それでもインターネットが一般的に利用されるようになる前に比べたら、私の子育て時代でも十分情報が多いかもしれません。
あくまで比較の話です。
育児に流行があることがわかるのも日が過ぎてからです。長男の抱っこは「スリング」が主流でしたが、いまは「エルゴ」をたくさん見かけます。いまではスリングは窒息事故や股関節に良くないということですっかり廃れてしまいました。

・・・というふうに、振り返ることができる人にとって、当時の不安を打ち消してくれる内容に感じました。

「ああ、そうかあ。そういうことなんだよなあ・・・」とあるページの、なにげない描写に、自分の子育て時期とはちが

現役ママとかかわるひとへのエール

本人がしたいようにすればいい。母親も人間です。自分の考えに従い、1人の人間として、選択すればいい。今は情報が多くて、いろいろな人がいろいろなことを言う。子供を産む前から身構えてしまう人も多い。上の世代の人には経験者の一家言ある。納得がいかななかったら、「そういう考えもある」と聞き流しておけばいいの(笑)

(中略)

子育てに「こうしたからこうなった」なんていうはっきりした因果関係はないでしょう。p145

この回答は『「保育園に預けるのはかわいそう」と言われたら』という質問からです。
”自分(質問者)の母も義母も専業主婦、自分は子供を産んだ後も働くつもりでいるけれど・・・「なぜ働きたいか」という理由をはっきり固めておきたい、中川先生が働き続けた理由を教えてください”・・・といったものでした。

回答文は、子供を育てている人もいない人にも伝えたい感じました。
母である前に1人の人間。

だから、自分自身に「自信を持って」自分で決めること。

それがこの本の「ママ、もっと自信をもって」ということなのだと思います。

スポンサーリンク