【小学生】読書感想文書き方速報〜実際に書きなが気づいたことまとめ〜【低学年】


(c) .foto project

準備と途中経過のはなし

読書感想文なので、すでに本は読了してる状態から始めます。
結果は小学2年生の次男、途中休憩を挟んで17時25分から19時20分までと、約2時間かけて原稿用紙1枚と3分の2を書き終わりました。

まず、大人が準備したことです。

  • 原稿用紙の使い方を調べる
  • 子供がネタ出ししやすいテンプレートを検索して、プリントアウトする
  • 子供のこぼさない位置に飲み物やスナックを置いておく

原稿用紙の使い方を調べる

子供ひとりで感想文を書けるほどの学習を、学校で終えていません。本人に聞くと「いちおうスイミーのかんそうをげんこうようしに書いた」とは言っていましたが字下げもおぼつかない感じでした。(うちの子ができが悪いだけかもしれません(汗))

そんなわけで「Z会作文クラブ」で原稿用紙の書き方をチェック。これなら長男(小5)の場合は自分で読むことができますからブックマークしておきました。

genkou

基本的な文章の書き方が大変ためになります。読書感想以外にも役立ちます。

子供がネタ出ししやすいテンプレートを検索して、プリントアウトする

「子供」「読書感想文」で検索するともう膨大な数のこの手のテンプレートがどっさり出てきます。どの家庭も苦労しているのがよくわかります。私は低学年向けにしぼり、平易な文章で簡単に書くことのできるものを選びました。

小学生の読書感想文の書き方 低学年はワークシートを使って簡単に 例文も | こはる通信
このページは「本を読むとき」のポイントから解説が始まり、テンプレートを書き込むときの例題も併記があります。大人が読んでもとてもわかりやすく、子供に書き方を説明するときにわかりやすくて助かりました!(広告リンクが多すぎるのがたまにきずですが致し方ない。)リンク先からテンプレートをダウンロードして次男と一緒に書き込みました。

テンプレートに書き込みしながらレポート用紙にも少し膨らませた文章を併記し、原稿用紙の清書に挑みました。

子供のこぼさない位置に飲み物やスナックを置いておく

・・・必要ないのが一番ですが、にんじんぶら下げるのは効果があるのです。とほほ。
最初は意気揚々と書き始めますがちょっと詰まると泣きました。たった15分後のことです。(←書くことから逃げ出そうとする)
次男はほんとうに集中することができない性質でいつもあちこち思考しています。自分の興味のあることしか集中が続きません。興味がなくなった時に元の学習に引き戻すのがとても難しいのです。本を読むことには集中できますが作文の「文字を書くこと」が苦手なのです。

普段使う手段は「体を動かすこと」

集中が途切れてきたら椅子から降りてもらい、その場でジャンプしたりくるくる回ったり、屈伸したり、片足あげてバランスをとったり・・・と、5分ほど課題から離れ体を動かします。

それでもどうしても気分が上がってこない時に少しジュースを飲み、スナックをひとくち食べました。あんまりがっつりおやつ休憩にしてしまうと学習に戻れないので、ほんの少しです。

学習開始から1時間後に30分の休憩を挟みました。この時はもう本格的に煮詰まってしまい、少しだけテレビを見ました。

最初に記した通り、17時25分から始めて書き終わったのは19時20分でした。予定では2時間×2日と思っていたので予想よりは早くできましたがへっとへとになりました・・・。(私が!)

2016年は小学2年生になる次男と初めての読書感想文の宿題に取り組みました

読書感想文を書くためには「読書」をしなければ始まりません。

低学年だけではなく、本を読むことが好きな子供以外、ここが一番の山であることは間違いありません。

長男が初めて読書感想文の宿題に取り組んだときは、本を読ませることが大変だったことと「感想」が全然出てこないことに苦労しました。

▽去年のヘトヘト奮闘記はこちら
[小学生]読書感想文をなんとか完成にこぎつけた話 – くらしすたんと
読書感想文の宿題は毎年あるので、7月に入ったら本を選んだり読み始めた方がいいと思います。意外とここに時間がかかります。親の読んでほしい本と子供の読みたい本がうまく合致せず、なかなか決まらないのです。本を読むことが好きではない子ほどなんだかんだと引き延ばすので!!!(怒)←長男がこのタイプ。まさか中学生になっても読書感想文ってあるのかな。嫌すぎる・・・。
本選びは余裕を持つといいですね(来年のための自分への覚え書きです(汗))

次男は本を読んで口で感想を言うところまではスラスラできたので比較的ラク・・・じゃないな(汗)
口で言った感想を「話し言葉」から「書き言葉」に変換する、そしてそれを文字にすることが大変でした。

▽宇宙大好き次男の読んだ本はこちら。

もしも宇宙でくらしたら (知ることって、たのしい!)

もしも宇宙でくらしたら (知ることって、たのしい!)

  • 作者:山本 省三
  • 出版社:WAVE出版
  • 発売日: 2013-05-25

自分たちの普段の暮らしが宇宙で行われたらどんなことになるんだろう?という本です。

朝起きて目覚まし時計を止める、トイレへ行く、着替えをする、学校へ行く、授業をする。これらが無重力空間だとどんなふうになるのか?そして実際の宇宙の暮らしの工夫を自分たちの生活に代入して考えます。例えばふてばこも浮いてしまうのでベルトで机にくっつける!なんて挿絵もあるのです。

これから感想文に取り掛かる人にもオススメです。
今からの読書でも間に合う文章量と、ふんだんな挿絵、普段の生活と宇宙での生活の対比は子供にもわかりやすくたっぷり感想を書ける内容ですし、図書館にも置いてあります。(我が家は学校の図書室で借りました。)

夏本番、宿題をやっつけて遊びもたっぷり楽しみたいです!


▽夏の読書気になる本pickup!

毎日のことだから。7分目くらいがちょうどいい

毎日のことだから。7分目くらいがちょうどいい

  • 作者:後藤由紀子
  • 出版社:PHP研究所
  • 発売日: 2016-08-23

ラクする台所 -毎日毎日ご飯を作る、8人の台所にまつわる物語-

ラクする台所 -毎日毎日ご飯を作る、8人の台所にまつわる物語-

  • 作者:一田 憲子
  • 出版社:マイナビ出版
  • 発売日: 2016-07-01

スポンサーリンク