中秋の名月に思うこと

お月様

実際はこんなふうに見えませんでした(^^; イメージ写真です。

明日の予想はだいたい合っているけど、1年後の予想はまったく違うことがある

去年の今頃のわたしは、いまのパート先で働いていることを思いもつかないし、いまこうして黙々とブログを書いていることも想像してないし、電子書籍の原稿を書き出したばかりでもっとたくさん書けると思っていたけれど実際は1冊出してずいぶん間が空いてしまっている。絶対に1発屋になりたくなくて絶対に2冊目を出すと心に決めている・・・という予想も来年の今頃にはもしかしたら4冊目になっているかもしれない。・・・し、それすらもないかもしれない。いやそれはないことを祈りたいけど。

とにかく、明日明後日や1週間後くらいまでは予想、予定の範疇なのだけれど1年後は意外と全然違うことをしていることがある、というのがここ2、3年続いている。良くも悪くも。

どんなに計画を立ててもうまくいくこととうまくいかないことがあるけれど、「計画を立て」ていなければどこに進んでいるのかもわからない。計画しているから進路を決め、ゴールを書き込むことができる。うまくいかないこともあるから、と、そもそもの計画を立てなかったら自分がどこに行けばいいのか?どこに向かっているのか?向かっている先は正しいのか?も、わからない。どこで迷ったのかがわかればポイントまで引き返せばいい。時間は取り戻せないけれど少しの修正は可能だろう。

さいごに

このところあれこれインプットをたくさんしています。
久しぶりにkindleでちゃんと本を買ったり(アンリミテッドではなく)紙の本も取り寄せて資格試験の勉強も予定中です。

なんだか秋だなあ、って思います。

スポンサーリンク