もうすこしすっきりと「NO」が言える性格になりたいー日々帳23

もう直ぐ梅雨ですね。梅雨入りする前にはやく衣替えを終えたいです・・

本当は1週前に終わっているはずだったのに終わっていません。かなしい。想像以上にバタバタしている「感じ」がしてうまくコントロールできないことが苦しいです。もっと積極的に「NO」を言える自分になれれば楽なんだろうけど、つい誰かの代わりを引き受けてしまい後になって辛くなるパターン・・・自分で選んでいるつもりなのですがお願いされた時に「え?またわたしなの?他に誰かいないの??」と、まず斜に構えてしまう自分がいます。

いつもこういう吹き溜まりみたいな時間に迷い込んだ時はこれを読みます。

今アマゾンを覗いたら私がこれを買ったのは2014年でした。当時でも古い本だったのにそこからまた3年たっても中身は十分に活用できますから普遍的な内容をしっかりおさえて書かれた本ということがよくわかります。ちょっとつまづいている時にパラパラめくるとヒントがでてきます。もうボロボロになっています。

あなたが自分のために取ったアポイントを他の用事のために変更をする必要はありません。誰かに「NO」を言う時はあなたの予定を言う必要もありません。ただ「NO」とつたえるだけです。(本を写したわけではないけれど概ねこういう内容)

読むたびに納得するのだけれども、なかなかどうしてむずかしい。知らなかった時より今の方が以前に比べたらうまくやれているとは思うけれどうまくできるようになってきたなりに、また別の大変さも出てきた今日この頃。決してゼロではない。よくなっていないわけではない。そこは自分でもよくわかっている。

うん。わかってる。

手帳術や時間術って1回システムを作ったらそれで終わりではありません。

うまくいった!と思っても少しずつほころびが出てきたりします。

自分の今いる時間、ライフステージに左右されることがたくさんあります。
子供の学齢期の区切りだったり、引き受けている役員の仕事だったり、パートのボリュームだったりであれこれ工夫が必要になります。いまみたいなグジャグジャッ・・・となってい待った時はいつもこの本を読み返します。
書店には並んでいないと思うのでブックオフに行くついでにパラパラめくると参考になると思います。

超時間活用ノート―あなたに「成功グセ」がつく単純化システム

あさごはん
チーズトースト

ひるごはん
そうめんに温泉卵とねぎ、天かすトッピング

よるごはん
おさしみ。夫がちょっといいお刺身を買ってきてくれた。うれしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク