やっぱり家計簿はつけたほうがいい・日々帳25

使えるお金の量に変化はないので、手元にあるを日数で割ればいいんじゃない?あふれないようにすれば。・・・と、思っていたのですが。

できないことはないけど「やっぱり家計簿はつけたほうがいい。私の場合は。」
と、いう結論に至りました。めんどくさいとは思うものの、何にどれくらい使ったか?どこにいくらつかったのか?きちんと後から追える形にしておかないとさらさらと砂のようにこぼれていくように感じてしまうのです。・・・お金を使うことに変わりはないのですが。

きちんと日々「◯◯円をどこそこで使って残りあと△△円手元にある」という記録の繰り返しをしないと気持ち悪いというか心もとないというか。

家計簿をつけ続けている人には「そんなの当たり前でしょう」と思われるかもしれませんがまともに家計簿をつけられるようになったのがここ最近でそれまではどんぶり勘定でした。

家計簿を続けられるようになって我が家の暮らしではだいたいこれくらいの出費、というのが平均してわかるようになってこのくらいに抑えておけば大丈夫という額も算出できました。(いままでどうしてたんだ!というツッコミはさておき)

この額がわかったのでそれを大幅に超えなければまあいいんじゃない?きっちりしなくても。

と、2ターンぐらい家計簿なしでいましたがやっぱり「ん?足りない?」と思うときの不安感がすごい。どうして今この金額なのかを振り返るのはやっぱり大事。

そんなわけでまた家計簿つけてます。
今回は自作しました。エクセルで。ちゃんとマクロとか使える人ならあっという間にできるであろう繰り返しをきっとちまちま計算式作ってる私・・・(悲)

2週間分作っちゃったので今月はこれでいきますがもう少し洗練されたバージョンを作りたいです。または残り2週間手書きとかね。なかなか「これ!」というフォーマットに行き着かない。どうしたもんだろう・・・うーん。

オススメの家計簿あったらぜひツイッターかコメントで教えてください!

きょうの3秒CMーーー3ーーーーー2ー>

「米肌」豪華トライアル5点セット!<通販限定・送料無料>1500円
                         ーーーーーーーー1ー>おわり♫

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク