【体調管理】vol.2:とにかくダルい・・・を、改善しよう

Give Me My Raw Milk!
Creative Commons License photo credit: cheeseslave
おいちくないものはつづかないでちゅよ!

連載タイトル変更しました。

一回目は【体調管理ハック】なんてキャッチーなことをしてしまいましたが。

実際に行動を起こしてみたらぜんぜんライフハックではなかったので、タダの【体調管理】に変更しました。
しかし、そのぜんぜんライフハックじゃなかったかというところがもしかしたらひっくり返してライフハックかもしれません。(意味不明)

いや、とりあえず、基本大事過ぎってことがいいたいだけです。

毎日のごはんを、だいたい同じ時刻に食べた。

病院でパラパラとめくった「通販生活 」というカタログ。

その中の記事に「極端に言うと、ハンバーガーでもコンビニ弁当でもいいから「同じ時間」に食べることがいいですよ。」というお医者さんと有名人(どなたか失念)の対談がありました。
心のなかは(へー!へー!へー!)!!!そのことを知ってから、なるべく時間を意識しながら食事を取りました。

今までは、子どもたちに食べさせるので精一杯で、自分は『落ち着いてから後で』と、おもいながらなかなか落ち着かず、食べる時間を逸したりということが頻繁にありました。この一週間は比較的、きちんと食べたほうだと思います。

栄養のバランスを心がけた

前述では「ハンバーガーでもコンビニ弁当でも」とありますが、体調を整えたい身としてはさすがにちょっとアレなので。
わが家での食事を考えたときに、献立が子ども中心というのもネックな気がしていました。
子どもの必要な栄養と、大人の必要な栄養は、そのウェイトが違う。
子どもは成長と活動にたくさんのエネルギーを使うため、タンパク質、糖質(ごはんやうどんやパン、いも類など)中心でOKだったりします。(もちろんビタミンなども必要です)
大人は、繊維質やビタミン、ミネラル多めという身体機能を維持するための食事が必要になります。子どもと同じような食事をとっていては横に成長するばかりです(汗)

そこで、同じ食事をとりつつ以下を試してみました。

  • 自分用に青菜を1品プラス(おひたしでもサラダでもソテーでも酢の物でも)
  • きんぴらごぼう、ひじきの煮物、煮豆など、常備菜を作り置き
  • 薬味やトッピングで変化をつける(しょうが、柚子、梅、ナッツ、ごま、くるみetc・・・)

食感のアクセントや香りのものを追加するだけでいつもの食卓が大人仕様に。子どもと同じ食事でもあとからトッピングできるもののバリエーションを持っているとgood!でした。

・・・その結果!!

・・・かどうかはわかりませんが。
「3食きちんと食べる」という、基本的なことがこんなにも心身に影響するのですね。

  1. 気持ちが落ちつく(「ちゃんと出来た!」という心理効果か?!)
  2. カラダが軽く、すぐに『うう、休憩しよう』というのが減った
  3. 栄養ドリンク飲まなきゃ・・・と、今週は1回も!思わなかった

とくに3番目は自分でも驚きでした。
子どもの習い事の日は、午前中にかなり集中して家事をする必要があります。さらに習い事のあと、おともだちとの外遊びタイムが楽しみの子どもたち。大人は長く立ちっぱなしで寒い屋外にいるため疲れが出やすかったのです。たいてい、火曜、金曜は3時のおやつにチオビタドリンクとか飲んでましたw

それが「ゼロ」って、すごい!です。
チョット気にするだけでこれだけ効果があればじゅうぶん、です。

また、2については

きちんと食事を摂る=休憩時間の確保ができた

…というのが大きいです。
主婦なので、お勤めの方のように、「出勤」とか「昼休み」などのメリハリが無いので、休んでるんだか、動いてるんだかワケがわからない!ということがあります。それを回避できたのも大きかったです。

当社比

今までは、

  • 朝食べない
  • 10時頃甘いモノをつまむ
  • 昼は次男坊2歳と一緒にうどんやパスタの麺モノ、またはおにぎりのみ

という読んだだけでも健康に悪そうですね。今思えば。うーん。
なんか大人はそんなに食べなくても成長するわけじゃないんだからいいじゃん?という思い込みがあって、きちんと食事をしてなかったんですね。成長しないからこそ、今ある身体を大事にする食事をしなければ、いけないことを学びました。大人は。(これがいまいちピンと来ない人はまだ若い証拠ですw)

出来なかったこと、そして次回予告

今週は1回も運動をすることが出来ませんでした。さすがにいっぺんにあれもコレもは無理でした。

次回は「運動できました!」報告ができるようにタスク調整したいとおもいます。それと、今回はかけなかったサプリメントについて。先週の記事を書いた翌日にはAmazonから到着し、既に飲み続けています。その効果がどれくらいでているかを書きたいと思います。

[ad#ad-shikaku]

【編集後記】
「食事に気を遣う」っていうのは、かんたんそうでむずかしい。それを継続出来たのはこちらのアプリのおかげです。
miil(ミイル)miil - FrogApps, Inc.です。公式サイトはhttp://miil.me/

簡単に説明すると「食事に特化したfacebookとtwitterを混ぜたもの」という感じ。美味しそうな写真には「いいね!」ボタンのように「食べたい!」が押されます。
twitterのようにフォローされたりフォローしたり。とても楽しく使っています。

【関連するかもしれない書籍
4回食の本は長男の頃からずっと手元にあります。こどもの栄養と暮し方についてとても参考になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク