あたりまえすぎる健康法を3ヶ月続けたらどうなるか検証してみる

聞き慣れた当たり前のこと

  1. バランスよく、栄養をとる。
  2. 1日30分、有酸素運動をする
  3. 間食は、控える

この3つをひとまず3ヶ月続けます。

1についてはおおむね今のままで問題ないと思います。…が、「ダイエット」という言葉を「減量」という意味で使うとわたしの現状では体重は減らないので、やや減量寄りの献立にしようかと思います。

2についてはずいぶん休んでいたゆっくりジョギングを再開します。また、有酸素運動のみでなく筋トレを加えて消費カロリーの底上げを試みます。筋トレをすることで体重減だけでなくボディラインをうつくしく見せることを意識します。

3がわたしにとっての鬼門です(~_~;)スイーツ大好き、ホッとしたいときに甘いもの!タイプなのです。フルーツや寒天、はちみつ、あずきなどに助けてもらいながら、また「控える」なので全く食べないわけではなくチートデーを織り交ぜつつトライします。

春が来ると夏に向けて「ダイエット」特集が増える頃。極端なものほどその振り幅が大きく、体にも心にも負担がかかる気がします。

あたりまえのごく普通の生活のなかで、すこしのくふうが健康を支えていることを実感できるレポートが書けたらなぁ、と思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
健康法3ヶ月チャレンジ健康管理
norixnoriをフォローする
くらしすたんと365+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました