寒い日の過ごし「型」


↑ある日の鍋料理の仕込み↑
生の状態でも赤いアルゼンチン産の「赤海老」というのが大振りのわりに安くて手に入りやすいです。

身体の温め「型」

  • 体の外側から温める
  • 体の内側から温める
  • 体を冷やさない

冬の健康を守る「型」はこの3種類。
寒い時期はしっかり防寒して体がブルっとしないようにくふうして過ごします。
このブルッというかんじが、養生で言われる「寒邪(かんじゃ)」です。
六淫に興味のある方はこちらをどうぞ

クラシエ

三首プラス1を温める

「体の外から温める」は、首、手首、足首を温めます。

  • 首はマフラーを巻いたり、タートルネックやハイネックのニットで冷たい空気を入れないように
  • 手首は袖丈の長い上着と手袋をします(後述する「体を冷やさない」の項目もご参考ください)
  • 足首は靴下とレッグウォーマーを
  • プラス1が背中。肩甲骨のあいだにぺたん、と貼るカイロをくっつけておくとぽっかぽかです
カイロの貼る場所とその効果を徹底解説|Kampoful Life - 美と健康の漢方情報サイト | クラシエ
カイロは貼る場所によって得られる効果が違うということをご存知ですか? 実は貼る場所によって、風邪予防や冷え対策、お腹の冷え解消などに効果があるんです。目的別での「あたためカイロ術」をご紹介いたします。

お腹も効きますがわたしは背中が好きです。

また、ぜひ入浴習慣を。夜にしっかり湯船に浸かってからだをあたためてからたっぷりと睡眠をとること。これはとてもよく効きます。

体を温める飲食と運動習慣

「体の内側からあたためる」は体を温める作用のある食べ物をチョイスします。

  • 温める作用のある牛肉やえび、鮭、しいたけ、そのほかお好みの食材を組み合わせて鍋物に。とうがらし、しょうが、ネギなどを薬味に添えて
  • 黒い色の食べ物は体を温める性質があります→昆布やひじき、黒キクラゲに黒ごまなど
  • もち米も体を温める性質があるので、冬にお餅を食べるのはぴったり(食べ過ぎには注意)
  • おやつにデーツやくるみなど
  • 紅茶にシナモン、すりおろしたしょうがに黒糖を加えた「シナモンジンジャーティー」もお手軽薬膳茶

もう一つ大事な「体の内側から温める」は軽い運動を続けることです。動くことで毛細血管をすみずみまで張りめぐらせることができ新陳代謝も高まると薬膳・漢方検定の教本にもあります。わたし自身はかるい筋トレ、ウォーキングを取り入れています。からだがとてもスッキリします。

常温以下の飲食を控える・一歩手前の季節から気をつける

さいごの項目の「体を冷やさない」は、体温より低い食べもの、飲みものは控えます。

  • 基本的には常温以下の飲食物、たとえばアイスクリームや氷入りの飲み物などは控えます
  • 水分を取る時は温かいものをゆっくり少しづつとります。
  • どんなに温かくても水分は体を冷やす働きがあるためです。がぶがぶは飲みません

また、前述した「温める」箇所の手首・足首についての補足です。春と秋に薄着をしないこともポイントのひとつ。冬は気温が低くなるので長袖を着用しますし、必然的に温められる箇所ですが一歩手前の季節に冷やさないことが大事な場所です。春の名残と夏の初め、そして夏の名残と秋の初めに冷えやすい箇所です。
ファッションを楽しむためにヌケ感には露出したくなるところだと十分存じております!
そこは自分のその時の体調と相談してください。心身ともに調子の良い時はおしゃれを優先して、ちょっとストレス溜まっていたり体調が芳しくなかったらおしゃれより健康を優先してください。元気になってからまたおしゃれを楽しみましょう。

わたしのくらしかた

本格的な冬将軍の到来。わたし自身は養生生活をほそくながく続けているおかげで体の芯から冷えるようなことはほとんどなく、寒い日も先手を打って体調を崩さない工夫をしています。たとえば職場に「置きレッグウォーマー」しています。通勤時はスカートにタイツが定番なので、職場についてパンプスから会社履きに履き替えるときにレッグウォーマーをつけます。スニーカー派の方はコンバースのハイカットやリーボックのハイタイプなんていいかもしれません。
眠る時はパジャマズボンだけ2枚重ねにして寒さから守ったり、ゆるい靴下を履いて寝ます。
子供達は、夏には連日のように食べていたアイスクリームが立秋からは「たまに食べるもの」になります。ドリンクに氷を入れることも控えるよう伝えます。立冬すぎたら氷そのものを作りません。特別な時はもちろん解禁します。(子供は熱の塊なのである程度許容しています。大人は夏でもアイスクリームを子供ほど食べるのは推奨しません。ま、そのまえに太るしね(汗))

こころもからだもおだやかですごせますように。

※本記事は私の経験・体験と「薬膳・漢方検定初級取得」内の知識であり、病気の治癒を目的としたものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました