家計管理をプロに任せる選択

家事の効率

以前書いたブログ記事にコメントをいただきました。5年前の記事を見つけていただいてありがたい。

【か】”家計簿をつける目的は、完璧な家計簿の作成ではありません”
楽しいことと組み合わせる。 大好きなブログ、【ま】ぷるんにー さんの まねっこをしてブログタイトル最初にカテゴリの頭文字を入れてみることにしました。これで、記録することを「楽しく」させることが出来ました。くんまーさんのおかげです。...

こちらの記事でおおきFP事務所さんのブログ記事が参考になった旨を書いていたら、偶然にもそのファイナンシャルプランナーさんが拙ブログをご覧くださったようです。
現在は別サイトで事業を展開されているとのこと。リンク切れをコメントいただき、せっかくなのできじにしてみました^^/

http://fp-ohki.com/

新しいサイトを拝見して驚いたのが「年収600万」でも大幅な赤字を抱えて生活している人がいるという事実。

今の世の中的に年収600万は少なくはない部類だと思います。
それなのに、「使い方」を誤るとまずい。

お金ってけっきょくその多い少ないではなくて「使い道」や「使い方」、そして「価値観」でものすごく変わるものだなあと。

ちょっと長くなりますが引用します。

例えば、ダイエットしたい。
という希望があったとしますよね。

でも、その真の意味は人それぞれ違うはずです。
ダイエットする理由です。

・夏までに痩せてビキニ着る
・健康診断で引っかかった
・病気の恐れが出てきた
・持っている洋服が着られなくなってヤバい
・痩せて彼氏を作る
・太ると商売的にマズイ

だから、その理由に合わせて、欲しい効果も異なります。
数キロ減でいい人から数十キロ痩せたい人まで。

それを、ダイエットしよう!
という目標にしちゃうと、目標自体が不明確で得たい結果がボヤけてしまうわけです。

家計も同じなんですよね。

家計簿をつける!
を目標として掲げてしまうと、得たい効果が見えなくなっちゃいます。
書き続けることが目標なわけですから。

そこで、家計簿を付けたい理由を明確にする必要があります。
なんで家計簿を付けたいのか?

ほとんどの場合は、貯金したい!
家計を楽にしたい。
でしょうね。

わが家の記録として家計簿を付けて残したい。
なんて人は稀でしょ?

貯金したいとか、家計を楽にしたい。
だから、家計簿を付けて無駄を省いて節約したい。
そんなところでしょ?

下記ブログ記事より引用させていただきました。

今年もやります!年末年始家計簿講座2018-2019
今年もやります!年末年始家計簿講座2018-2019 家計簿買うのチョット待った!!!! 家計簿買うのは、この…

グサーーーーーーーーーー!!!めっちゃ直球w

もう「ですよね⤵️」しか言えない。

こちらのFPさんが出版されていることを知らなかったので興味を持ちました。
わざわざコメント残してもらえて嬉しかったです〜^^
大木さま、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
家事の効率家計
norixnoriをフォローする
くらしすたんと365+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました